菩提寺に無断で葬儀をしてはいけません2019.9.8

 

菩提寺に無断で葬儀をするとどうなるか?

お墓の使用権を止められます。

自分のお墓に納骨できません。

 

なぜなら典礼権があります。

ポイントだけ再掲します。

 

平成8年10月30日、東京高裁

「寺側が自らの「典礼権」を行使しようとするならば、「墓地使用規則」に明記しておかねばならない。」

 

詳しくは上記リンク先の過去ログをご覧ください。

「墓地使用規則」に明記」とは、民民の契約です。

契約違反ですから、合理的な範囲で対抗措置を取ることが可能です。

 

大半の葬儀社はよく分かっています。

葬儀の依頼を受けて、真っ先にご遺族に確認することは「菩提寺はございますか?」です。

 

もし無断で葬儀をしたら、そのお寺の住職に「○○葬儀社の葬儀は引き受けない」になっちゃいます。

困るのは檀家様ですから、その葬儀社をキャンセルするしか方法はありません。

 

足利市のような田舎ですと、他の住職にも「○○葬儀社の悪口」が広まり、あっという間に倒産街道まっしぐらです。

ということで、普通の葬儀社は絶対にこういうことをしません。

 

住職、じゃあ普通じゃない葬儀社ってあるの?

その前に具体例です。

 

日本で唯一の「葬儀支援」の葬儀社です。

 

当方紹介謝礼7万円(読経、初七日法要経、居士大姉戒名付)より高額な菩提寺の行う葬儀は受けていません

 

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、檀家でない方の葬儀を依頼されて、アルバイト的な葬儀ならば、このお布施の金額で引き受ける寺はいっぱいあります。

なぜなら派遣僧侶の稼ぎよりは若干良いからです。

 

住職、派遣僧侶ってそんなに安いの?

はい、紹介業者のバックマージンが大きいですからねえ。

僧侶の手元に入るのは良くて5割です。

ということで、この葬儀社は「菩提寺のある方の葬儀は受けない」ということです。

 

身近で別の事例も知っています。

特養に入っていた方が亡くなりました。

親族は兄弟と甥姪だけです。

 

故人の親が入っているお墓がありますが寺墓地です。

そのお寺の檀家になっている親族が菩提寺の住職に葬儀を依頼すれば、そのお墓に入れますが…

そうなると故人の遺産(微々たるもんです)で追いつきません。

 

結局、その特養に出入りしている葬儀社(格安です)に葬儀を依頼することになりました。

「うちの菩提寺は○○寺なんですが…」

「それでは葬儀をお引き受けできません」

きっぱり断られました。

 

結局、その葬儀社さんの手配する僧侶に葬儀を依頼し、その葬儀社さんの永代供養墓に納骨となりました。

お布施も格安です。

なぜなら、その葬儀社さんはあるお寺が運営するNPO法人だからです。

菩提寺のある方の葬儀を引き受けたら、お寺業界の村八分になっちゃいますから…

 

両方の葬儀社に対し、個人的に疑問に思うことがあります。

当方紹介謝礼7万円」、こちらはちゃんとした住職が引き受けておいでです。

「葬儀社さんの手配する僧侶」こちらは経営する寺の僧侶です。

 

どちらの寺も檀家様の葬儀は普通のお布施の金額です。

つまり居士大姉の戒名で、5〜60万円です。

 

つまり、檀家とそれ以外で2重価格になっているんです。

もちろん派遣僧侶をしている僧侶で住職の場合も同じですが…

こちらは東京近郊の派遣が多いので、檀家に2重価格を知られる心配はありません。

 

それに反して、上記の葬儀社の場合、片方は知られる可能性大です。

もう1社は完全にバレています。

檀家様のご不満は大丈夫なんでしょうか???

 

結局「菩提寺に無断で葬儀」は非常に少ないんです。

ところが…

 

知り合いの住職がもの凄く怒って、話をしてました。

あるWEBの葬儀社紹介業者(○○なお葬式の類です)経由の葬儀社です。

 

檀家様に菩提寺の有無の確認を取らずに葬儀を施工しようとしました。

檀家様が後から菩提寺に連絡したとのことです。

 

「私が葬儀を行わないと、うちのお墓に埋葬できないですよ」

「あなたの葬儀社は、なぜ菩提寺の有無を確認しないのですか」

「まず菩提寺に連絡を取るのが当たり前でしょう」

 

まあ当然の対応です。

私なら檀家様に「それでは墓終まいをされるということですね」の塩対応になります。

 

そうしたら葬儀社の対応が酷かったそうです。

「うちは『○○なお葬式』から受けただけの下請けです。」

「クレームは直接そちらへどうぞ」

そのWEBの葬儀社紹介業者の電話番号を伝えてきたそうです。

 

葬儀社紹介業者はどこかのお寺とトラブルになっても困らないですからねえ。

困るのはお客ですから…

 

厳しいようですが、葬儀社紹介業者に集客を頼る葬儀社にも問題があります。

葬儀社の方もこう言っています。

 

 

「まともな葬儀社ならば、こういうことは絶対にありません」

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから