「○○なお葬式」と葬儀会社は別会社です2019.9.14

 

過去ログでこんなトラブルを書きました。

 

知り合いの住職がもの凄く怒って、話をしてました。

あるWEBの葬儀社紹介業者(○○なお葬式の類です)経由の葬儀社です。

 

檀家様に菩提寺の有無の確認を取らずに葬儀を施工しようとしました。

檀家様が後から菩提寺に連絡したとのことです。

 

「私が葬儀を行わないと、うちのお墓に埋葬できないですよ」

「あなたの葬儀社は、なぜ菩提寺の有無を確認しないのですか」

「まず菩提寺に連絡を取るのが当たり前でしょう」

 

まあ当然の対応です。

私なら檀家様に「それでは墓終まいをされるということですね」の塩対応になります。

 

そうしたら葬儀社の対応が酷かったそうです。

「うちは『○○なお葬式』から受けただけの下請けです。」

「クレームは直接そちらへどうぞ」

そのWEBの葬儀社紹介業者の電話番号を伝えてきたそうです。

 

過去ログでも3回シリーズで葬儀紹介業者の問題点を書いてきました。

 

葬儀社の紹介手数料50%?

 

直葬で7万円?

 

葬儀社の紹介手数料10〜50%

 

でも一番の問題点はこちらです。

クレームは直接そちらへどうぞ

直接お金を払ってくれるお客さんではありません。

 

紹介業者のHPを見ると、ほとんどこう書いてあります。

 

お葬式のスタンダードとして、常にお客様に満足していただけるよう、妥協のない姿勢でサービス品質向上を追求しています。

お客様のお気持ちに寄り添い、ご要望にしっかりお応えできるプロフェッショナル集団がお客様の葬儀のお手伝いをいたします。

 

当然下請けの葬儀社にばらつきがあるはずです。

営業をした会社と施工した会社が別会社。

施工会社にクレームをいれたら、うちは単なる下請けだ。

クレームは元受けにどうぞ。

 

ここで元受けの会社が責任ある対応を取るのなら問題はありませんが…

絶対にそうなりません。

必ずこうなります。

 

 

葬儀紹介業者とは葬儀ブローカーです。

実際に施工する葬儀社に顧客を紹介し手数料を取る商売です。

 

本来ならば両者の関係は全く対等なはずです。

実際には違います。

ブローカーの立場が圧倒的に強くなります。

 

その結果どういうことが起こるか?

過去ログで書きました。

少しだけ再掲しましょう。

 

第1回

 

 

第2回

 

 

第3回

 

 

いやあ、葬儀ブローカー、辛い商売をしますねえ。

これは商売ですから当たり前です。

実際に仕事をするのと、仕事を取ってくるのでは、仕事を取ってくる方が遥かに大変なんです。

 

高庵寺も数年に一度、エアコンの清掃を業者に依頼しています。

以前はJA等を通して依頼していました。

今年、偶然に知り合った業者に直接依頼しました。

 

一般家庭と異なり、きちんと会計処理をしていますから、過去の事例も記録に残っています。

支払額は過去の事例の半分以下(4割弱です)でした。

 

そのとき業者に聞いたんです。

「いやあ、前回○○○○(全国的に有名な業者です)に依頼したときの半額以下だねえ」

「有難うございます」

「弊社も○○○○さんから仕事を受けているんですが、今回のような直の仕事の方が儲かるんです」

「えー、じゃあ○○○〇は手数料を50%以上取るの?」

「はい、○○○○さんが元受けで50%です」

「その次に下請けが入って、手数料を20%です」

「ですから、この価格で仕事をさせて頂いても、この方が助かるんです」

 

いろいろな業界の裏話をお聞きしましたが、宣伝等の営業活動を行い、仕事を取る業者が50%程度の手数料は普通のようです。

高庵寺が直で依頼した業者は普通に営業をしても仕事は取れないですから…

 

ところが葬儀社の場合は事情が全く異なります。

互助会と違い積極的な営業は難しいです。

それでも過去のお客様の紹介等でそれなりに仕事は取れるんです。

 

住職、じゃあなぜブローカーから仕事をもらうの?

はい、単純な理由です。

葬儀社の経費の最大のものは固定費です。

簡単に言うと、設備費と人件費です。

これは仕事があってもなくともかかります。

 

飛行機のチケットと同じですね。

満席で飛ばしても、ガラガラで飛ばしても、経費に大差はありません。

チケットの価格を下げても、空気を運ぶよりはマシということで、格安チケットが存在します。

 

葬儀業界も大半は豪華なホールを持っています。

航空機業界と同じ構造なんです。

 

一例として足利市の場合のある葬儀ブローカーの対象葬儀式場です。

お分かりですか、足利市内では「ある葬儀社のホール」以外は足利市斎場だけです。

つまりこの全国展開のブローカーの紹介する葬儀社は、足利では1社だけなんです。

 

ある理由があって、このブローカーが該当葬儀社にクレームを入れることはありません。

つまり消費者がブローカーにクレームを入れても無駄ということです。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから