生き方としての石屋と葬儀屋2019.10.7

 

高庵寺住職が日本最安と思う石屋と葬儀社です。

この2つの業界は高いのか安いのかが本当に分かりにくいのが特徴です。

 

例えば新車を買おうとします。

メーカーと車種とグレードが決まれば簡単です。

複数のディーラーで相見積もりをすれば簡単に分かります。

なぜなら「どこで買っても全く同じ商品」だからです。

 

石屋と葬儀社には同じ商品はありません。

 

例えば石屋です。

墓地は決まっています。

石屋2社から見積もりを取りました。

A社は150万円でした。

B社は170万円でした。

A社の方が安い???

 

そんなに簡単ではありません。

確かに価格だけなら、安いですが…

詳しい人が見積もりを見たら、B社の方が圧倒的にお買い得だということは普通にあるんです。

 

さらに落とし穴があります。

過去ログで書きました。

 

お墓の価格って工事費だけじゃないんです

 

少し再掲します。

 

お墓を建てて貰って納骨を依頼しようとしたら「納骨手数料」が高いという事でした。

なんと、納骨手数料が8万円、戒名彫刻が5万円。パラソル使用料8千円 焼香台使用料1万円

合計14万8千円。はっきり言いまして異常です。

 

高庵寺住職が知っている日本最安の石屋は東京の「石の坊」さんです。

メールでなんどもやり取りをしていますし、高庵寺に直接おいで頂いてお話もしています。

ただし高庵寺住職が檀家様にご紹介することはありません。

なぜなら東京都営霊園専門の石屋さんなんです。

 

○○霊園限定の石屋なら知っているよ。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、それは指定石材店です。

超高いです。

 

「石の坊」さんの場合、大きな問題点が2つあります。

ブログを拝見すれば分かります。

 

本当の激安価格で販売すると実は…物凄く疲れます!

 

失礼なんですが全文引用致します。

 

激安価格で墓石を販売する事の究極は利益を少なくする事です。

当社の場合は公表している通り、1件辺りの利益は8万円位です。

 

これは業界ではかなり低い水準になります。

ただ、何でもかんでも8万円でなく、芝墓地辺りになると3万円前後の利益で行う事も多いです。

通常のお墓で8万円なら、基礎は打たない、墓石も小さいなら「そんな物かな」そう思ってしまいます。

 

その激安価格を支えているのは…

人件費の安さです…

自分の時給をこの間出して見たら..何と575円でした!

 

最近では家に持ち帰りのながら仕事も多いのですが…移動時間や待ち時間も含むと、1日16時間、そして28日間位は仕事しています。

そして私の給料は一か月258,000円です。

 

時給に計算したら、なんと575円!

可笑しいな…前に計算したら870円位だったのに…

 

当社の場合は品質や工事水準を低くしているのではなく 身を削って安くしています。

こんな金額で墓石は作れるわけが無い..当社の事をそういう会社が居ます。

 

たまに石屋同士の飲み会に行くと..

何処でそんな安く仕入れられるの?

安い職人が居たら紹介して..

そう言われますが..違います…

 

自分の収入を少なくしているだけです..

社長が時給600円!

職人が580円で働けば当社より安い価格は可能だと思います!

 

社長が時給600円」そんな経営はありません。

社長さんは「商売としての石屋」ではなく、「生き方としての石屋」をされています。

 

1日16時間、そして28日間位は仕事」、お墓を建てる数は異常に多いでしょうねえ。

足利市の自営業の石屋さんは、社長一人が多いんですが、新規の建墓数は、多くて年間10〜20基くらいです。

知り合いに聞いたら、一桁だと言ってました。

 

お客さんの数が一人で対応できる限度を越えています。

「石の坊」さんも、以前は南関東や茨城や群馬のお墓もされてました。

現在は「東京都営霊園専門の石屋」です。

対象となる顧客を絞らざるをえません。

都内や近郊だからといって、誰でもがお客になれるわけではないんです。

 

対象を増やすためには従業員を雇う必要があります。

社長さんは経営者ですから、労働基準法は適用されません。

従業員は違いますね。

当然コストが跳ね上がります。

 

高庵寺住職が檀家様に紹介している石屋は、石の坊さんよりは少し高いです。

その代わり、群馬県、栃木県、埼玉県くらいなら、ほとんど対象になります。

経営が成り立つ範囲でギリギリまで価格を下げ、薄利多売で商売をされています。

 

「石の坊」さんは、社長さんが仕事をできなくなったら、廃業になります。

住職の紹介する石屋は、高庵寺の担当者がダメでも大丈夫です。

事業の継続性が違うからです。

 

ただし、お墓という買い物は、きちんと工事されていれば(ここ大事です)、100年くらいはもちます。

東京都営霊園ならば、「石の坊」に依頼すれば安心です。

非常にラッキーだと思います。

 

葬儀社の方は、なんどもご紹介している「生き方としての葬儀屋さん」です。

 

葬儀関連相談所!?

 

我々は10年間で3日間の休日でしたし、3時間の癌手術をした翌日、まだ喉に管が通してある状態でも、遺影の作成や文章などの仕事をするしかありませんでした。

 

これは僕だけでなく、千明が体調が悪い時も同じです。

自分達の時間も命も削って初めて成立させているわけです。

 

対象地域は限定されています。

しかも事前相談を受け、葬儀社が対象と認めた方だけが会員になれます。

お客ではなく、会社が選ぶ、知る限り日本で唯一の葬儀社です。

 

もう少し引用します。

 

答えの出ない事は悩まない

 

対象外で一番多いのは逝去後の依頼で、病院、施設など公的機関以外は一切受けませんから、その他条件と全て合わせると年間50件ほどは実際に受けていません。

だから会員数は減少か横ばいだと思ってました。

 

ところが前回書いた相談で「現在会員4千名」と伝えたところ「もうすぐ5千名です」と言われました。

 

前回「緑文字」の説明

 

年間180件施行を超えて、2人で続けるのは不可能と分った事で「事業の拡大」と「低料金の葬儀支援維持」の選択に迫られた。

何度か書いたように最低8名体制にするだけで、計算上で10万円上乗せが必要の試算になった。

 

「生き方としての葬儀屋」です。

経営としては成立していません。

「自分達の時間も命も削って」、成り立っている葬儀社です。

ただただ立派の一言ですが…

もうすぐ5千名」、会員になれてもサービスが受けられない方が出てしまいます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから