葬儀当日納骨 石屋に直接依頼は?2019.10.29

 

お墓に納骨(正確には埋蔵といいます)する。

普通は石屋さんに依頼します。

なぜならほとんどが49日納骨だからです。

 

高庵寺住職は当日納骨の場合は、葬儀屋さんに納骨を依頼することをお奨めしています。

理由は、石屋さんに依頼しても、2日後等の至急になります。

石屋さんの都合がつくとは限りません。

 

それよりも重要なのは、49日納骨の場合は予定時刻とのずれは最大で15分程度です。

たいていは予定の時刻通りになります。

高庵寺住職が石屋さんを紹介する場合は、石屋さんに「〇時〇分頃の予定だけれど、30分前にはスタンバイしていて下さい」とお願いしています。

 

当日納骨で高庵寺住職が石屋さんの紹介の依頼を受けることはありません。

なぜなら、当日の場合は火葬の都合等で予定時刻より1時間程度ズレることは普通にあるからです。

 

会葬者の多寡で葬儀の時刻が遅くなることは普通にあります。

葬儀社の方が一番気を遣う場面です。

 

ある葬儀で葬儀社の見込みより30分以上のズレが出たことがあります。

葬儀社にはちょっと気の毒な面もありました。

 

菩提寺が高庵寺なので私が導師でした。

午後2時の火葬の予約で、12時半からの葬儀の予定表が葬儀社から来ました。

 

「○○さん(葬儀の担当者です)、△△様の葬儀、会葬者は100名を軽く越えると思うけど、12時半からで大丈夫?」

「ご遺族様が退職をされて既に30年近くになるので、会葬者は少ないということでしたので…」

 

結果は私の心配通りになりました。

お通夜の段階で会葬者が200名を越え、予定時間より30分以上かかりました。

通夜終了後、担当者からお願いがありました。

 

「12時半からの開式では間に合わないので、12時開式にして頂けませんか」

「10分早めることはできるが、それ以上はダメだよ」

 

これには理由があります。

私の葬儀の段どりでは、開式から14分(ほぼ正確です)頃に引導法語になるんです。

しかも葬儀には、市長をはじめ3名の弔辞が入っています。

「引導法語が始まる前に、一般会葬者には式場にいて欲しいし、特に弔辞を読まれるか方は絶対だよ」

 

市長は忙しいんで、開式の5分前くらいにならないと来ませんからね(^^)

 

親族は開式時刻の最低30分前には来てますので、30分前倒しは問題ありません。

一般の方も10分前には来ている方が多いので、10分早めるのは問題無いんです。

ただし弔辞を読まれる方がおいでの場合は、20分が限度です。

市長の弔辞が無ければ、20分前倒しにしたんですが…

 

なにが言いたいのかというと、もう一度書きますが、当日納骨の場合は、予定時刻と1時間程度ズレことは普通にあるんです。

ですから当日納骨の場合は、納骨を石屋ではなく、葬儀社に依頼するように、ご遺族にはお奨めしています。

 

葬儀社の予定表です。(ポイントだけ抜粋)

 

 

納骨は午後2時頃とありますね。

これは一番遅くて午後2時にはできるように予定表を作成します。

先火葬ですから、通常であれば午後1時半くらいなんです。

 

例え予定より大幅にずれても、葬儀社の方が納骨をされるのなら、全く問題はありません。

石屋さんの場合も、私が紹介した場合は、普通予定時刻より早まるから、どんなに遅くとも、午後1時にはスタンバっていてねです。

 

今回は檀家様が直接石屋に依頼です。

なぜなら、隣の家が石屋だからです(´_`)

 

午後1時頃、納骨においでになりました。

ご遺族の方が、焦って事務室に顔をだします。

 

「和尚様、石屋さんが来ていません」

予定表に午後2時頃とあるので、そのようにお話をしたんですが…」

「石屋さんの電話番号が分かりません、教えて頂けますか?」

 

直ぐに私が石屋に電話しました。

「ダメだ、電話にでないよ」

「分かりました。 近くなので直接行きます」

 

普通より時間はかかりましたが、なんとか無事に終わったようです。

「ご住職様、○○葬儀社です」

「無事に納骨が終了しました」

 

同伴をされた葬儀社の担当者の方がご挨拶に見えました。

ここまでちゃんとしている葬儀社は少ないんですよ。

 

当日納骨の場合は石屋ではなく葬儀社に依頼が無難ですよ。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから