宮型霊柩車はなぜ減った?2019.10.31

 

10月29日のTV番組で、「宮型霊柩車はなぜ減った」の問題をやってました。

正解は「不吉だから」( ´゚,_」゚)バカジャネーノ

 

これについては、葬儀社の方が動画を何回かアップしています。

 

 

 

産経新聞の記事はさすがにずっとまともです。

ポイントだけ引用します。

 

宮型はピークの平成12年には約2150台あったというが、その後減少。21年ごろに洋型を下回った。

料金体系は宮型、洋型ともに距離10キロで2〜5万円程度だが、近年は減少傾向が続く。

 

全霊協が16年ごろに加盟業者の協力で行った調査では、全国150以上の火葬場がすでに宮型の入場を規制していた。

大阪府枚方市や埼玉県越谷市は条例で火葬場への出入りを禁止。

宮型霊柩車を敬遠する住民に配慮する自治体が増えている。

 

実はかつて宮型霊柩車が完全にアウトになりそうな危機がありました。

上記の「全霊協」が研究発しています。

引用します。

 

遺体・搬送部会では、遺体搬送業務における問題点と現状について学ぶため、社団法人全国霊柩自動車協会の岩淵篤氏を講師に招き、講演をしていただいた。

国土交通省は、平成21年1月以降、「道路運送車両の保安基準を定める公示」(国土交通省公示第619号の一部改正)により、すべて乗用車に、補助制動灯が義務付けられるとともに、自動車に突起物がある装飾されてはならないという規定を制定した。

この規定が適応されると、突起物が多く装飾もふんだんに施されている宮型の霊柩車の存続が危うくなる。

 

俗に形式認証というやつで、これでアウトになったら、新しい宮型霊柩車は完全にアウトです。

既に認証を得ている中古車だけになります。

現在も一応販売しているようなので、これはクリアーできたようです。

 

正解は「ニーズがほぼ無くなった」からです。

その理由はコストが引き合わないという単純な理由です。

 

こういうことは、専門家に取材すべき問題です。

バラエティはたいてい実情を知らない「○○専門家」等に安直に取材して一丁あがりです。

 

一番確実なのは「全霊協」です。

調べましたが、減少の理由の記載は無かったですね。

ただし、宮型霊柩車の歴史や、制作過程について詳しく書いてあります。

引用は…

画像が無いと無意味ですからねえ┐(´∀`)┌ヤレヤレ

無しです。

 

霊柩自動車のご紹介

 

リンク先をご覧ください。

 

葬儀屋も上記動画にあるように、「不勉強な葬儀屋」が大半であてになりません。

ということで、自動車の専門家のサイトの方が役に立つんです。

 

【霊柩車の最新事情】車種が宮型から様々な種類へ変化。あの高級ミニバンも

 

死者を乗り物に乗せる風習は日本に古くから存在していました。

 

中世の日本では天皇など身分の高い人が亡くなった際には輿(こし)に乗せて運んでおり、その後時代が下るにつれて庶民も死者を輿に乗せるようになります。

江戸時代には樽に入れた死者を大八車に乗せていたと言われており、明治時代には大八車にお寺の屋根のような構造物をつけた「棺車(かんしゃ)」が使われます。

これらの文化に霊柩車のルーツを見ることができるでしょう。

 

動画の内容と比べればお分かりですね。

きちんと取材されて書かれています。

 

宮型は一般的な霊柩車のイメージそのものの姿をしています。

 

お寺を思わせる屋根を持ち、金色に仕上げられた装飾が特徴的で、高級感を感じられる外見です。

センチュリーやキャデラックといった高級車を改造して作られており、車両の後部は檜の白木づくりや漆仕上げであったりします。

 

一説には、白木づくりは関西型、漆仕上げは名古屋型などと呼ばれており、地域によって特色があります。

ベースとなる車が高級車である他に華美な装飾にもコストがかかっており、宮型霊柩車が減少する一因にもなっています。

 

具体的に価格も取材されています。

 

洋型霊柩車の新車価格は400万円〜1,000万円ほどです。

中古車価格では40万円〜178万円となっており、年式の保管ETCやナビなど車内装備も価格に関係してきます。

 

宮型霊柩車の新車価格は安いもので500万円程度で、高いものになると2,000万円以上することもあります。

中古車価格は216万円です。中古車でもその他の霊柩車に比べて価格は高く、また車両数も少なくなっています。最近は後述するわけで数が少なくなっていますが、まだまだ使いどころのある霊柩車です。

 

ようするに高いからが最大の理由です。

しかもメンテコストも高くなります。

洗車も簡単にできませんからね。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから