新型コロナで亡くなった方の火葬について 追記あり2020.4.23

 

新型コロナで亡くなった方の足利市の火葬について、足利市斎場(火葬場)から回答を頂きました。

メールで質問をしたら、即日電話で回答を頂きました。

素早い回答に感謝する次第です。

質問のメール内容です。

 

足利市役所 市民課 担当者 様

 

こちらは市内宮北町8−7、高庵寺住職です。

現在の状況から、当市でも新型コロナによる死亡者がいつでてもおかしくない状況です。

 

厚労省の通知では以下のように記載されています。

 

厚労省の通知です。

 

問1 新型コロナウイルスにより亡くなられた方の遺体は、24時間以内に火葬しなければならないのですか。

新型コロナウイルスにより亡くなられた方の遺体は、24時間以内に火葬することができるとされており、必須ではありません(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条第3項、新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令第3条)。

感染拡大防止対策上の支障等がない場合には、通常の葬儀の実施など、できる限り遺族の意向等を尊重した取扱をする必要があります。

 

問2 新型コロナウイルスにより亡くなった方の遺体の搬送作業や火葬作業に従事する者が留意すべき事項はありますか。

遺体の搬送や火葬場における火葬に際しては、遺体からの感染を防ぐため、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいです。

遺体を非透過性納体袋に収容・密封後に、納体袋の表面を消毒してください。

遺族等の意向にも配意しつつ、極力そのままの状態で火葬するよう努めてください。

また、遺体の搬送に際し、遺体が非透過性納体袋に収容、密封されている限りにおいては、特別の感染防止策は不要であり、遺体の搬送を遺族等が行うことも差し支えありません。

他方、継続的に遺体の搬送作業及び火葬作業に従事する者にあっては、必ず手袋を着用し、血液・体液・分泌物(汗を除く。)・排泄物などが顔に飛散するおそれのある場合には、不織布製マスク、眼の防護(フェイスシールド又はゴーグル)を使用してください。衣服への汚染を避けるため、ディスポーザブルの長袖ガウンの着用が望ましいです。

また、これらの器具が汚染された場合には、単回使用のものは適切に廃棄し、再利用するものは適切な消毒を行ってください。

火葬に先立ち、遺族等が遺体に直接触れることを希望する場合には、遺族等に手袋等の着用をお願いしてください。

万が一、遺体の体液等で汚染された場合など、消毒を行う必要が生じた場合には、消毒に用いる薬品は、0.05〜0.5%(500〜5,000 ppm)次亜塩素酸ナトリウムで清拭、または30分間浸漬、アルコール(消毒用エタノール,70v/v%イソプロパノール)で清拭、または30分間浸漬とし、消毒法は、消毒薬を十分に浸した布又はペーパータオル等で当該箇所を満遍なく拭く方法が望まれます。

消毒剤の噴霧は不完全な消毒やウイルスの舞い上がりを招く可能性があり、推奨しません。

また、可燃性のある消毒薬を使用する場合については火気のある場所で行わないようにしてください。

手指衛生は、感染防止策の基本であり、遺体に接触、あるいは消毒措置を講じた際等には、手袋を外した後に流水・石鹸による手洗い又は速乾性擦式消毒用アルコール製剤による手指衛生を実施してください。

 

質問事項は、新型コロナによる死者、または疑いの濃厚な死者が出た場合の火葬についてです。

Q1

火葬の時間は通常の時間帯で行うのか?

Q2

通常の時間帯以外の場合は、どの時間帯で行うのか?

Q3

ご遺族や宗教者は立ち会えるのか?

 

宗教者として、火葬には必ず立ち会ってきております。

ただし、国難というべき事態ですので、協力は惜しみません。

事前に心構えが必要ですので、ご教授ください。

 

回答内容です。

 

A1

原則的に最終の火葬で行います。

注:足利市の火葬時間は、午前10時、午後1時、午後3時(いずれも2体ずつ)

これ以外に、斎場の式場を使用の場合、午前11時、午前12時、午後2時、(いずれも1体ずつ)

つまり、午後3時の火葬だけ引き受けるということです。

ただし、2体の火葬が重なる場合は、この時間の火葬は不可ということです。

 

A2

通常の時間に不可能な場合は、時間は検討中ですが、火葬が全て終了後、特別の時間で行います。

おそらく、午後4時の火葬となると予想します。

 

A3

最小限の人数の立ち合いをお願いします。

濃厚接触者等がいた場合は、上級機関とも相談の上の対処となります。

これまた予想ですが、志村けんさんの場合と同じになると思います。

 

うーん、厳しいですねえ。

職員他の安全が第一です。

足利市の対応は仕方が無いと思います。

 

適切に処理されたご遺体に危険性は皆無です。

濃厚接触者の可能性が高いご遺族は難しいでしょうねえ。

 

マスコミ報道等でも言及がありませんが…

葬儀社のスタッフ、火葬場のスタッフは、社会的なインフラなんです。

病院等と同等レベルのインフラです。

これが壊れるとこうなります。

 

 

追記

 

岡江久美子さんが新型コロナでご逝去されました。

ご遺族の大和田獏さんの会見です。

志村けんさんの場合と全く同じです。

 

 

止むを得ないとはいえ、ご遺族からするときちんとお別れができないのは本当に辛いことです。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから