偽坊主とは?2020.5.12

 

過去ログで「簡単にお坊さんになれる方法の落とし穴」について書きました。

 

WEBで調べた範囲で一番簡単にお坊さんになる方法です。

「真言宗 阿闍梨」に55万円でなれるそうです。

注意事項として「僧籍は、修行したお寺に登録」とありました。

 

ちょっと面倒なんですが「○○宗」といっても一つじゃないんです。

高庵寺の所属する「曹洞宗」は一つですが…

それは「宗教法人 曹洞宗」が一つというだけです。

 

ちなみに正式名称は「宗教法人 曹洞宗」ではありません。

正式名称を調べる方法は「国税庁法人番号公表サイト」です。

宗教法人に限らないのですが、正式名称は登記された名称です。

以前は法務局で調べるしか方法がありませんでした。

今はWEBで簡単に調べられます。

 

これが「曹洞宗」です。

 

 

ちなみに「高庵寺」です。

 

 

実は曹洞宗を名乗るお寺には、高庵寺のような「曹洞宗」に所属する寺院だけじゃ無いんです。

高庵寺も正式名称は「高庵寺」ですが、普通は「曹洞宗 高庵寺」と称しています。

これは「曹洞宗」に所属する寺院という意味です、

正式名称に「曹洞宗」が入る法人は非常に少ないです。

全て調べましたが、全て「曹洞宗」に所属する法人でした。

 

ところが正式名称でなければ、お寺に「曹洞宗 ○○寺」とあるお寺はかなりあります。

直接知っているお寺もいくつかあります。

単立宗教法人といいます。

 

単立宗教法人の見分け方

 

単立が問題なのではありません。

単立でも立派なお寺はいっぱいあります

一例は浅草寺です。

 

真言宗は単立を別にしても、多くの宗派に分かれます。

WIKIにリンクを貼りましょう。

門外漢の住職にはよく分からないほど宗派があります。

これを頭に入れて以下をお読みください。

 

曹洞宗のようにきちんとした包括宗教法人がある場合は、僧侶の養成がちゃんとしてます。

高庵寺副住職も相当きつい修行をしてきました。

 

修行僧の涙目な日々

 

ユーモアあふれる書き方で感心しているんですが、実態はもの凄くきついです。

きつい修行をしたことと人間性が磨かれることに相関性は皆無ですが、根性だけはつきます。

はっきり言って生半可な気持ちではもちません。

曹洞宗の正式なお坊さんになるのはもの凄く大変です。

 

副住職の弟、私の次男も同じ修業をしました。

曹洞宗の正式な僧侶の資格(私と同等です)を持っています。

正式な曹洞宗のお坊さんですが、お坊さんの仕事はしていません。

実はこのような僧侶はかなりいます。

 

中野坊主バー店主、真宗大谷派・瑞興寺僧侶の釈源光さんです。

日経ビジネスの記事から一部引用します。

 

真宗大谷派瑞興寺僧侶であると共に、坊主バーの経営をしています。

 

私は住職(寺院を管掌する僧侶)ではなく、一般の僧侶です。

僧にもいろいろな種類があります。

仏教界には、先ほどの住職系や、法事や寺務などに従事する役僧系、ほかに、それらに該当しない一般の僧がいます。

お寺に所属はしていますが、そこのお寺に通っているわけではありません。

 

次男は「曹洞宗 高庵寺」の所属僧侶ですが、お寺の仕事はしていません。

上記の釈源光さんと同じです。

 

釈源光さんは自営業なんです。

したがって税金も普通の「○○食堂」の経営者と同じです。

年金も国民年金と推測します。

 

「一般社団法人○○協会 ○○宗○○寺」として、寺院を開設し、活動することは可能です。

ただし宗教法人ではありませんから税法上のメリットはありません

 

直接一般社団法人としてお布施をもらった場合も、課税されます。

まして「一般社団法人○○協会 ○○宗○○寺」の場合は、単なる自営業です。

普通の自営業として課税されますし、一般社団法人の場合かろうじて得られる税法上のメリットである印紙税も免除されません。

 

私の次男が葬儀を行った場合は、偽坊主ではありません。

お布施は「曹洞宗 高庵寺」に入り、息子には法人から給与(源泉徴収されます)が支払われることになります。

 

そもそも偽坊主は存在しないんです。

僧侶の資格は単なる民間団体の認定資格です。

自分は僧侶だと看板を掲げれば、その瞬間から僧侶なんです。

僧侶は全員「本物坊主」なんです。

この辺のことを書いた過去ログです。

 

最近初めて偽僧侶を見かけました

 

それでは、なぜ僧侶紹介業者が正式な資格に拘るんでしょうか?

たいてい「僧籍簿(僧侶の資格)の確認も徹底しています」が売り文句になっています。

 

朝日の記事です。

 

宗派偽り葬儀で読経した僧侶を提訴 遺族におわびで発覚

 

一部引用します。

 

別の宗派の僧侶になりすまされて葬儀を執り行われたとして、福岡市の遺族4人が僧侶と葬儀会社を相手取り、慰謝料など計約600万円を求めて福岡地裁に提訴した。

「なりすまされた僧侶に導師として読経をされ、多大な精神的苦痛を受けた」と訴えている。

 

しかし、その僧侶はその宗派の僧籍を失っており、別の宗派の僧侶だった。

葬儀の場でも寺の名前を挙げて紹介されたが、その寺と僧侶は関係がなかった。

過去に所属していたため、衣を持ち、葬儀の流れもわかっていたという。

 

この手のトラブルが僧侶派遣事業には多かったんでしょうねえ。

最近はほとんど耳にしません。

派遣会社の管理がきちんとしてきたようです。

まあ、派遣会社に「曹洞宗の僧侶」と依頼する方は、「宗教法人 曹洞宗」に所属する僧侶をお願いしたつもりでしょうねえ。

「単立 曹洞宗系 ○○寺」だとは思わないでしょうから…

 

ただし、個人的に知っている範囲でも、「宗教法人 曹洞宗」に所属する僧侶の方が、「単立 曹洞宗系 ○○寺」の僧侶よりも優れているとは限りません。

どこに所属しているかより、その僧侶の人間性や力量で決まるからです。

 

大規模な病院で、どこが良いかと同じで無意味です。

良し悪しは病院ではなく、担当医で決まるからです。

 

最後にもう一度「一般社団法人○○協会 真言宗○○寺」の問題です。

このことに法的な問題は全くありません。

ただし、真言宗の大半の派は厳しい修行を課しています。

 

一例です。

高野山真言宗の事例です。

 

働きながらでも仕事の都合にあわせて僧侶になれることです。

今の生活を壊さなくとも自分のペースで僧侶資格を取得できます。

修行は大きなお寺ほど厳しくありませんし、比較的スピーディに費用負担も軽く、僧侶となっていただけます。

 

同じ真言宗でも「高野山真言宗」と「一般社団法人○○協会 真言宗」とは別物です。

 

ただし「高野山真言宗」の僧侶でも、僧侶を仕事として生活できない方は相当いるはずです。

「一般社団法人○○協会 真言宗○○寺」で、僧侶を仕事として生活できる方はどれくらいいるんでしょうねえ?

比較的スピーディに費用負担も軽く(55万円ですが)」で、僧侶を仕事として生活できると考えるのは虫が良すぎます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから