お葬式は習俗です2020.5.31

 

葬式は習俗です。

これが大前提です。

地域によって全然違います。

大半の人は地元の葬式しか知りません。

 

住職、けっこういろんな所の葬式に行っているよ。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ、遺族や親族の立場で行ってますか?

 

足利の葬式では、一般会葬者は一般焼香が終わるとそくさくと帰ります。

別の地域で葬儀を行ったとき、一般焼香が終了後、一般会葬者が元の席に戻ってきました。

最後の僧侶の法話を聴いて下さいます。

帰るのは導師が退席し、遺族代表が謝辞を述べてからでした。

 

そのように丁寧なお葬式をされる地域でも、斎場(火葬場)まで一般会葬者が参列する地域は知りません。

たぶん、全国でも皆無だと思います。

 

元々は一般会葬者も最後まで葬式に参列していました。

野辺送りと言います。

昭和初期の貴重な映像が残っています。

 

 

考えられないような参列者数でしょう。

これが普通だったんです。

ということで、一般会葬者は葬式のほんの一部しか知らないんです。

 

なぜ野辺送りの慣習が無くなったか?

もちろん、今でも小規模な野辺送りの習慣が残っているところはあるようです。

日本も慣習に関してはもの凄く広いですからねえ。

ただし、上記動画のような大規模な野辺送りは無いはずです。

 

これには明確な事由があるからです。

それは斎場での火葬が一般的になったから。

 

意味分かりますか?

遺族として火葬まで立ち会った経験があれば分かりますね。

知る限り全ての斎場で多人数の方が火葬に立ち会うことはできません。

施設設備の関係でできないんです。

 

実は施設設備の関係で廃れてしまった葬式の慣習ってけっこう多いんです。

もちろん例外もありますよ。

 

一例として清めの塩を取り上げてみます。

過去ログできちんと書いています。

 

仏教と清めの塩問題を考える

 

私が住職として葬式を行った頃は、清めの塩は普通でしたね。

葬儀社によっては、初めて私が導師を執り行うとき質問されました。

 

「ご住職様、清めの塩を用意しても宜しいでしょうか?」

 

住職個人の考え方はこうです。

葬儀(私的な意味で、導師が宗教的な儀式を執り行う部分を区別して表現しています)の時間は、宗教的な儀式を執り行っているときは、全て導師の指示通りしてもらう。

それ以外の部分は宗教的儀式では無いので、喪主の意向や葬儀社の考え方で自由にやってよい。

 

実は足利市には浄土真宗のお寺が非常に少ない(1%程度)んです。

浄土真宗の住職は絶対に許さないそうです。

 

最近は見なくなりましたねえ。

理由は知りません。

神道の葬儀ではあるんでしょうか?

いつのまにか消えてしまった慣習です。

 

消えてしまった理由がはっきりしている習慣は「お水替え」です。

これも過去ログをご覧ください。

 

火葬中のお水替えご存知ですか?

 

「火葬中のお水替え」???

なんじゃそりゃ?

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ知らなくて当然です。

超ローカルな慣習です。

残念ながら動画は見つかりませんでした。

 

上記過去ログに詳しく書いたんですが、昔は群馬県と周辺(足利は慣習的には栃木ではなく群馬の文化圏です)で広く行われていました。

現在は足利市と隣接の群馬県太田市だけの奇習です。

実は後日知ったのですが、佐野市の一部の地域で残っています。

 

無くなった事由は単純で施設設備が全てです。

「火葬中のお水替え」を行うためには、火葬室に水場が必要なんです。

水施設の設置は最初から上下水道の配管が必要なんで、けっこうコストがかかるんです。

ま、無くなるよねえ。

 

最近の葬儀(家族葬)で困ったことがありました。

会葬者の1名が儀式中もずっと話していたんです。

法話のときはさすがにだまっていましたが…

 

火葬でいつものようにご遺体が炉に入り、炉前の読経も終わり、ご遺族やご親族に挨拶し、帰るために退席しました。

一人の親族の方が追いかけてきて、「ご住職様、お水替えはするのが当然ですよね」の質問です。

 

私の回答です。

「お水替えは慣習です」

「火葬中に喉が渇くからお水替えをするというのは迷信です」

「ただし、するしないは仏教には無関係ですので、ご遺族が自由に決めることです」

 

帰りの車の中で副住職に聞きました。

副住職は堂行・維那という役割をしています。

導師の私と異なり、祭壇と参列者席の両方を見られます。

 

「住職、あの人、よほど葬式の慣習に詳しいらしく、隣席の人にずっと儀式中も話したいた人ですよ」

正直、儀式中の厳かな雰囲気をぶち壊す迷惑な会葬者だったんですが…

ときどきいるんですよねえ(;´д`)トホホ

 

うーん蘊蓄がお好きなんでしょうねえ。

葬式の慣習に詳しくて、それを話したくてしょうがないんでしょうねえ。

でもあなたの詳しい慣習はごく狭い地域の慣習なんですよ。

それに宗教には無関係です<(;´ー`) コマッタナァ

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから