心付けを受け取る火葬場があるんですね2020.6.23

 

情報ソースです。

 

東京博善への見解に異論を唱えてみた

 

遺族の気持ちだからとかなんとか言いながら、慣習化している心付けをそのままにするコンプライアンス的に健全ではない姿勢ひとつ見ても、甘やかしてはダメだと思います。

「遺族のお気持ち」なんて表現に逃げないで、「一切受け取りません」とアナウンスすればいいだけの話なんですから。

 

我が足利市の斎場(火葬場)は足利市の経営です。

 

上記リンクにこうありました。

 

火葬場の大半が公営である理由として、公金入れないと運営できないくらい儲からないからという文脈で展開していますが、そうではなくて第一に昭和43年の厚生省通達があるから、でしょう。

「墓地、納骨堂又は火葬場の経営主体については、(中略)原則として市町村等の地方公共団体でなければならず、これにより難い事情がある場合であつても宗教法人、公益法人等に限ることとされてきたところである。」の一文が効いているわけですよね。

 

現在の足利市の斎場は昭和51年に開場しました。

それ以前も足利市営でしたが足利火葬場と言ってました。

調べると昭和30年には市営になっていました。

それ以前は足利郡に2ヶ所あったようです。

 

ちなみに、斎場と火葬場の違いはこちらで書いています。

 

年末年始です 足利市の場合 1日の差でご負担が全く異なります

 

ようするに、足利市では「昭和43年の厚生省通達」以前から公営でした。

なぜ公営かということ、火葬場って、水道や電気と同じ社会的インフラなんです。

 

詳しくは調べて欲しいんですが、都内の火葬場に民営が多いのは歴史的背景があるからです。

ただし株式会社の火葬場であっても社会的インフラであることに変わりはありません。

電気だって全て株式会社です。

 

電気会社の検針員に心付けをする人はいないでしょうが、もしあったとしたら会社は懲戒処分をするはずです。

ねぜなら会社にモラルハザードを起こすからです。

 

当たり前ですが、足利市斎場では心付けは絶対にあり得ません。

管理部門は市の職員(公務員)です。

心付けの受領は賄賂と同じですから絶対に受け取りません。

 

業務委託で働いている火葬技師はもちろん、売店や休憩室のスタッフも絶対に受け取りません。

これを許すと、斎場組織がモラルハザードを起こすからです。

社会的インフラを維持するのに絶対にあってはならないことです。

 

慣習化している心付けをそのままにする」、うーん経営者は実情を知らないのですかね???

それとも自分たちの会社が、利益を目的とする株式会社であっても、社会的インフラを担っているという自覚が無いんでしょうか?

 

どんな会社であっても、会社が利益をあげるのは当たり前です。

しかし従業員がたとえ僅かな金品であっても私腹を肥やすのは、組織がダメになる最大のガンです。

 

これまた「考える葬儀屋さん」のブログから引用です。

 

正しい心付けの断り方

 

この方のブログはかなり読んでいるつもりなんですが、古いブログなんで読んでいませんでした。

 

心付けをもらうことを自分に許すと、次回ももらえるのではとほんの少し期待する気持ちが芽生えます。

そういう気持ちは知らず知らず澱(おり)のようにたまっていって人を卑しくすると思うのです。

卑しくなっているという自覚が無いのが一番怖い、と思います。

 

知らず知らず澱(おり)のようにたまっていって人を卑しくする」素晴らしい表現ですね。

知らず知らず」、これをガエルと言います。

組織のトップに立つ者が一番警戒すべきポイントなんですが…

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから