新盆ってなにをしたら良いの?2020.7.31

 

お盆は仏教行事だと錯覚している方が大半です。

確かに盆と仏教の関係は、近年では非常に深いです。

 

曹洞宗の場合で説明します。

正式な行事であれば、曹洞宗行持規範に載っています。

 

 

どこにも載っていません。

つまり、盆は仏教行事ではなく習俗です。

 

それでは曹洞宗の公式ホームページで調べてみましょう。

こちらは載っています。

 

盂蘭盆会(お盆)

お盆は、お彼岸とならんで昔から行われている大切な仏教行事の一つです。

また正月とともに1年の大切な区切りであり、多くの親類縁者が顔を合わせ、大切な方々との「つながり」を再確認する機会でもあるでしょう。

お盆の時期は地方によって様々ですが、一般には7月15日、あるいは月遅れ盆(8月15日)や旧盆(旧暦7月15日)のいずれかに行われるのが一般的です。

その歴史は古く、『日本書紀』の中にはすでにお盆行事の記録が残っています。

 

お盆の準備

お盆の月に入ったら、まずお仏壇の掃除をしましょう。お仏壇はご本尊様とご先祖様をおまつりする大切な場所です。家族みんなで心をこめて清掃しましょう。また、香炉の灰もふるいにかけ、古い線香の残りなども丹念に取り除きましょう。

仏壇と別に盆棚(精霊棚)をまつる場合は、お位牌を盆棚にお移しします。

盆棚の祀り方は地方によって異なりますが、一例を紹介しておきます。

 

説明: 説明: 説明: 説明: https://www.sotozen-net.or.jp/wp2/wp-content/uploads/2011/01/bondana-248x300.jpg

 

また、お盆が近づいてきたらお墓の清掃を行います。家族みんなでお墓に出かけ、草むしり、墓石の洗浄など、丁寧におつとめしましょう。

 

迎え火

13日は「迎え盆」といい、夕刻にご先祖様をお迎えします。

まず菩提寺とお墓にお参りし、お花やお線香を供え、ご先祖様をご案内する気持ちで提灯に明かり(迎え火)を灯し、家路につきます。(地域によっては門口で迎え火を焚きます。それぞれの慣習に従ってお迎えしてください。)

家に着いたら迎え火を盆棚のお灯明に移し、全員でお参りします。

これからお盆の期間中は、お団子やソウメン、ぼた餅などの変わり物と、「水の子」といわれる米と生茄子、胡瓜などをサイの目に切ったものを、ハスの葉などに盛って供えます。それぞれの地域、家庭によってお供え物も異なりますが、慣習に従って心をこめてご接待しましょう。

 

送り火

16日(地域によっては15日)は、お迎えしたご先祖様をお見送りする「送り盆」の日です。

この日、全国各地では送り火の意味で灯篭流しなどが行われます。

また京都の大文字なども、有名な送り火の一つです。

 

ご先祖様が里帰りするお盆

この世に生きる私たちと、大切な亡き人とが触れ合う大切な行事です。久しぶりに故郷に集まった家族や親族と共に過ごす楽しい語らいの時間を、生死を越えた「つながり」の尊さを再確認しながら、大切に過ごしたいものです。

 

うーん「大切な仏教行事」とありますね。

こう書くしかないんでしょうが…

 

正確には、「長年仏教と密接に関わってきた習俗」です。

ですから「盆棚の祀り方は地方によって異なります」とか「それぞれの地域、家庭によってお供え物も異なります」になります。

純粋な仏教行事ならばもっと統一されています。

曹洞宗の正式な見解でも、地域性や家風を尊重しています。

 

なんどかご紹介していますが、長崎のお盆は「お墓花火」です。

え! 「お墓花火」?

まさかお墓で花火をあげるんじゃないでしょう?

はい、そのまさかです。

 

先日、新盆について檀家様がご相談にみえました。

「お盆は仏教に関係の深い習俗です」のお話をして、長崎のお盆の動画をお見せしました。

今回は新しい大迫力の動画を貼りつけます。

 

 

「和尚さんがお墓で花火っていうから、線香花火みたいのを想像してました」

「全然違うんですね」

「ビックリです」

 

ということで、お盆の迎え方は地域や家の習俗に従ってやれば良いんです。

やり方は住職ではなく、親に聞くものなんです。

といっても今は地域や家庭での習俗の継承が無いに等しいですからねえ。

それで毎年こんなブログを書いています。

 

曹洞宗の公式ホームページにあるので、一番雰囲気がでるのは精霊棚(盆棚)です。

これを用意するとぐっとお盆の雰囲気がでます。

ただし家がある程度広くないとできません。

ということで仏壇でそのままお祀りしても大丈夫ですよ。

 

実は精霊棚で一番大切なのは竹(笹)です。

 

7月7日がお盆の準備をする日です

 

日本の慣習には、先祖の御霊を祀る習慣が年2回ありました。

1つがお盆で、1つが正月です。

御霊の憑代(よりしろ)と祀られたのが盆棚(精霊棚)なんですよ。

 

竹を飾ると大掛かりになるんで、無理する必要はありません。

こじんまりとされる場合に、けっこう雰囲気がでるのが「迎え火」と「送り火」です。

動画を貼りつけます。

 

新盆の場合、夕方に家族でこれをすると雰囲気がでてお奨めです。

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから