高庵寺の盆施餓鬼2020.8.9

 

まずなんども書いてますが、高庵寺のお施餓鬼は送り盆の8月16日に行っていました。

高庵寺の動画はありませんので、同じ曹洞宗の他の寺院の動画を貼りつけます。

ほぼ同じです。

 

 

少し違うのは、高庵寺の場合は関東では珍しい祈祷太鼓の施餓鬼です。

 

 

こちらの方が高庵寺の施餓鬼に近いかな。

 

曹洞宗行事規範ではお施餓鬼についてこう書いてあります。

 

 

盂蘭盆大施食会

7月15日

 

ということで、公式には7月15日に行うということです。

ただし、前回のお盆のブログに書きました。

曹洞宗の公式ホームページからです。

 

お盆の時期は地方によって様々ですが、一般には7月15日、あるいは月遅れ盆(8月15日)や旧盆(旧暦7月15日)のいずれかに行われるのが一般的です。

 

地域の慣習や、お寺の慣習が優先されますから、7月15日にお施餓鬼を行うお寺は少数派のはずです。

市内の親しい曹洞宗のお寺で7月15日に行うお寺は皆無です。

 

足利市の曹洞宗のお寺で施餓鬼を行う日で一番多いのは盆前です。

例えば8月10日等です。

お彼岸に行うお寺もあります。

高庵寺のグループでは大半が8月14日〜16日の3日間で行います。

 

高庵寺のお施餓鬼にお手伝い頂きますから、代わりに住職が他の寺院のお手伝いに行きます。

相互扶助ですね(^^)

 

ということで、高庵寺のお施餓鬼は順番がラストの8月16日午前11時からになります。

お施餓鬼で加持祈祷しないと卒塔婆になりません。

単に板に字を書いただけです。

ということで、高庵寺の檀家様は送り盆(16日)の午後しか卒塔婆をお墓に持っていけないんです。

 

新型コロナの時期ですので、寺報にこのようなお知らせをすることになりました。

 

新型コロナ感染防止対策のための行事の変更 重要!!

新型コロナ感染防止対策のため、今年度(2020年4月〜2021年3月)までの行事の変更を行います。次年度以降については政府の対策等に対応して随時変更いたしますので、現状未定です。次年度の寺報で再度ご連絡となります。

なお高庵寺のある宮北町でも納涼祭や子ども神輿が中止となっております。

 

1、  お盆の大施餓鬼会について

例年8月16日(送り盆)の午前11時〜大施餓鬼会を行い、その後卒塔婆の配布となっていました。今年度は事前に住職と副住職の2人で行い、13日(迎え盆)〜16日(送り盆)の午前8時〜午後6時、本堂正面を開放いたしますので、各自本堂に上がり卒塔婆をご持参ください。例年通り、施餓鬼棚にお参りできるようになっております。

 

2、修正会について

2021年修正会は1月1日元旦、施餓鬼同様に非公開で行います。お参りは例年通り1日〜3日の間、自由に本堂に上がりお参りできるようになります。

 

諸経費の納入について 重要!!

できるだけ振込にての納入をお願いいたします。振込用紙を同封させて頂きます。誠に申し訳ありませんが、振込手数料のご負担を伏してお願い致します。

また、直接ご持参される方は、13日〜16日の午前8時〜11時、午後1時〜午後4時、庫院(本堂ではありません)事務室までお願いします。これ以外の時間、これ以外の日に持参される方は、事前に電話でご連絡ください。

 

これなら前年までの半日ではなく、4日間になります。

いくらか過密を防ぐ効果はあるでしょう。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから