まったく懲りない強欲坊主です すぐに離檀しましょう お金もその方が絶対にお得です平成23年8月31日更新


この業界(寺、葬儀社、石屋等)の会合で、とんでもない強欲坊主の悪行が話題になりました。
住職も。別の場所で何度も聞いたことがあり、今回は絶対に信頼できる方の情報です。

残念ながら、足利のお寺です。
悪行の一部をご紹介いたします。

葬儀の布施が、信士・信女で70万円、居士・大姉で120万円、院号で180万円です。

布施の高額であることもさることながら、70万円を支払えないご家庭も多い経済状況です。

高庵寺の場合
は、信士・信女で、すべて込みで40万円です。
経済的に厳しい方には、いくらでも結構ですと申し上げております。
実際、タダでも構わないのです。

ただ、さすがにタダの方はいらっしゃいませんでしたが。
お布施10万円の葬儀は、何回もやりました。

これも、何回か書きましたが、これから庫院の工事で法要堂を造ります。
完成したら、本当に貧しい方には、葬祭扶助制度があります。
足利市の場合は、こちらで申請書をダウンロードできます。

国が定めた葬祭扶助基準の範囲内で、ご葬儀ができるように準備している段階です。
基準額は20万1千円以内のはずですが、詳しくは市役所の社会福祉課にお問い合わせください。

住職も、準備が整ったら、正式にお話をお伺いに行く予定です。
申し訳ありませんが、現時点では、そこまでの対応はできません。

その1歩手前の方のご葬儀は、何度も引き受けました。
高庵寺のお布施を、たとえタダにしても、葬儀社の支払いが高くてはどうしようもありません。

差し障りがありますので、詳細はご紹介できませんが、すべて込みで(葬儀社への支払い、高庵寺へのお布施、斎場の使用料他、文字通りすべてです)、喪主の総支払費用が、50万円を大幅に下回るご葬儀も引き受けました。

だからといって、手抜きは一切ありません。
通夜式をやると、費用が嵩むので、一日葬という方法を採りました。

詳しくは、いずれ記載しますが、通夜の分の儀式も含め、一日でやるだけで、手抜きは一切ありません。
お布施は10万円でした。

本当にお金がなければ、そうするのがお寺として、当たり前だと思っています。

しかるに、その強欲坊主は、金が無ければ、親戚中を駆け回って集めてこいということだそうです。
本当に貧しい方からも、80万円のお布施をとった話は、聞いておりました。(確実な情報です)
先ほどの例のお寺ですから、戒名料以外に10万円かかったのでしょう。

檀家が負担に耐えられなくて、離檀を申し出ると、離檀料を100万円請求するそうです。
他の地区では聞いたことがあります。
実際に、住職も他の地区の知り合いから、全く同じような相談を、数回受けました。

詳しくは、以前に書いたページをご覧いただきたいのですが、法的に支払いの義務はありません。

また、埋葬証明が無いと、改葬許可が下りないのをたてにとって、証明をしないそうです。
これも、明確な法令違反です。
対抗法
も、こちらで書きました。

こんな寺、絶対に離檀して、即改葬した方がいいです。
お寺によっては、施工できる葬儀社が指定になっていますが、撤去の場合の指定はできないはずです。(これは、まだ法律家の確認が取れていません)

そこまで、争うのが嫌ならば、撤去だけは、指定の業者に依頼です。
さすがに、撤去の場合は、割高であっても、めちゃくちゃな価格はつけられないはずです。
きちんとした見積もりをもらって、あまりにひどい場合は、公的機関に相談しましょう。

建立の場合と違い、石屋も手間賃と廃棄費用だけです。
どれだけぼっているかは、簡単に分かります。
口コミで実態を流されたら困ります。

もし、それでもめちゃくちゃな撤去費用ならば、確実に住職の差し金です。
裁判覚悟で、徹底的に戦いましょう。
法的裏付けはこちらにあります。

言葉遣いは丁寧に、冷静に論理的に話せば、たいてい勝てます。
それでもダメなら、専門家の出番です。
たとえ、弁護士に依頼しても、絶対に割安です。

でも、その前に、弁護士の無料相談等を利用しましょう。
ちなみに、足利市の場合は、こちらです。

具体的に、名前を書けませんが、地元では、結構有名な話です。
実際に、少し前に、そのお寺のすぐ側の方が高庵寺に墓地をとりました。

もう一度言います。
改葬、お墓のお引越しは簡単です。

もし、あなたが高庵寺に来たいのなら、格安(もちろん高品質です)な石屋さんをご紹介します。
2.88uの完全車椅子対応、排水設備完備の墓地で、100万円を切る価格
このブログをアップした当時から、墓石の原価が大幅に騰がっています。現在の価格は最新の情報をご参照ください、以下訂正箇所は全て同じ理由です)で、文句なしの墓を施工できる石屋をご紹介いたします。


石塔他を、白御影石の普及品(G614)にすれば、○十万円で可能です。(申し訳ありません、これ以上は具体的に書けません)
オール石張りの、永久に草取りの心配のない素晴らしいお墓ですよ。

強欲坊主の寺なら、100万円を大きく越えるはずです。
そこで、改修するなら、高庵寺に改葬する方が、絶対に安いはずです。

迷うことはありません。
さっさと離檀して、改葬しましょう。

最後に、その会合で、住職が離檀料を取るためには、法的ハードルが極めて高いこと。(詳細は、先ほどのリンクをご覧ください)
しかも、100万円などという法外な離檀料は無効なこと。(サラ金ならぬヤミ金並です)
埋葬証明は拒否できないことをお話したら、驚かれました。

業界関係者でさえ、この程度です。
まして、素人さん相手です。
強欲坊主の跳梁跋扈が止まぬはずです。

誰か、こういう輩を、ぎゃふんと言わせる当事者がでませんかね。
当事者でないと、対抗措置がとれません。
住職が当事者になることはないので、歯ぎしりしてみている他はありません。

そのお寺の檀家様の誰かが、このホームページをご覧になって、正義の鉄槌を下してくれるといいんですが。


注意:石には旬があります。あくまでもこのブログの時点での情報です。後日お読みの方には当てはまらない可能性が圧倒的に高いのです。常に最新の情報を参照して下さい。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: J:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから