9月20日 彼岸の入りです 台風が近づいています 明日は大荒れでしょう平成23年9月20日更新

 

台風が接近しています。

 

明日から明後日にかけて、直撃のようです。

朝のお勤めを終わって写真を撮りました。
いつもなら、早朝から、結構お参りの人がいるのですが、本日はお一人でした。
昨日は、かなりいらしてました。
天気予報をご覧になって、1日早めたのでしょう。

住職はそれで良いと思っています。

朝7時の本堂です。

まだ、百日紅が咲いています。

実は庭のミソハギも咲いています。


本堂正面を少し開けてあるのが分かりますか?
左手の掲示板に、お参りの案内を掲示してあります。

施餓鬼棚を利用して、彼岸棚を祀ってあります。
もうちょっと寄りましょう。

ね、少し開けてあるでしょう。
明日は完全に施錠です。

子育て延命地蔵も開けました。
荒天になったら、戸閉です。
もちろん、明日は施錠です。


朝のお勤めで、水子地蔵の建立者からお願いされた、卒塔婆を供養し、お参りしました。


千手観音も昨夜の雨で、水をだいぶ吸いました。

G633
はどうしても吸水します。
水抜けもいいんで、問題はないんですが。

同じく吸水の多いG614は、G633と異なり、いつまでも水が残ります。
雨の後、数日経っても、墓石は2トーンです。
安くて、小目の、きれいな白御影石ですが、注意が必要です。
外柵等で、地面の近くに使うと、泥水を吸って、非常に汚くなります。
注意しましょうね。

話を戻しましょう。
今年も、花の時期がずれています。

例年ならば、赤の彼岸花(曼珠沙華)は満開です。
白の彼岸花(正確には白花曼珠沙華という別品種です)も、咲き始めています。
中日の頃には、赤はピークを過ぎ、白が満開のはずですが…。

今年はこの状況です。

赤が、かろうじて1輪咲きかけです。
白は、目が出たばかりです。


高庵寺には、もう1か所あるのですが、そちらも同じです。


彼岸花については、こちらで一度書きました。
花について知りたい方は、青木先生のサイトにリンクを張っておきます。

この2ヶ所とも、来年は見られません。
実生では増えません
ので、後で球根を移植しようと思っています。
ちなみに、この球根は有毒です。

お彼岸が終わったら、さっそくやってみます。

説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。