現職僧侶が教える 良いお寺の選び方平成23年10月7日更新

 

皆さんが、墓地を求めるとき、お寺の選び方はどうしてますか?

もちろん、口コミが一番です。
ただ、何回も言いましたが、最低数人、できれば10人くらい聞かなければダメです。

価格。
もちろん重要です。
高庵寺のように、価格を明示しているお寺って少ないんですよね。

それと、何回も言ってますが、見かけの価格にだまされないようにしましょう。
墓地を建立するのに、永代使用料だけではありません。
施工費、最後の開眼供養料、全て込みで考えないと失敗しますよ。

後、買った後の年間の経費や、寄付等についても、考える必要があります。
もう一度言います。
価格、大切です。
でも、トータルコストで比較しましょう。

住職の人柄。
素晴らしいですね。
あなたこそ、高庵寺の求める檀家様です。
この間のご葬儀のとき、住職の法話を聞き、感動しました。
ぜひ、入檀させてください。
嬉しいですね。
でも、めったにいません。(住職の実力不足でしょう)

本来は、ここから歯に衣を着せない書き方で、ズバリと書きたいのですが…。
申し訳ありません。
できません。
既に、けっこう反感を買っています。
これ以上踏み込むと致命傷になるので、書けません。

具体的な話もいくつも知っているのですが…。

これ以上お聞きしたい方は、直接お尋ねください。
その方にだけは、本当のことをお話しします。

ということで、書けるギリギリの範囲でお話しします。

少し前、知り合いの方が、高庵寺に墓地のことでいらっしゃいました。
もちろん、お奨めしたのですが、別のお寺に墓地をお求めになりました。

ご自宅から、そちらのお寺の方が圧倒的に近いので、当然だと思っています。
素直に、「良い所に墓地をお求めになって良かったですね。」と祝福いたしました。

当たり前ですが、あそこだけは止めておいた方がいいよと、言うからには、絶対的な根拠が必要です。
なにせ、相手は同業者ですから。

1点だけ書かせていただきます。
「住職がいること」、これが大前提です。

高庵寺の近くに、住職の居ない寺が2ヶ寺あります。

そのうち、1ヶ寺は、問題ありません。
直ぐ近くのご住職が兼務されております。
ご葬儀はもちろんですが、ご法事も、そちらのお寺でします。

つまり、お寺といっても、実質は別のお寺の単なる寺院墓地です。
これなら問題ありません。

ただ。高庵寺の場合、ご法事が終わって、徒歩数十歩で墓参ができるのに対し、そこの場合は、車で数分かかります。
それが、おっくうでなければ、特に問題はありません。

問題があるのは、もう1ヶ寺です。
遠方のご住職様が兼務です。
週に1日くらい来られるようです。(他宗なので、細かい点までは分かりません)

当然、境内の状況にも目が届きません。
それより問題は、ご葬儀とご法事に、制約があることです。

ご法事の日程は非常に制限されます。
月に4〜5回の日曜日のうち、せいぜい月1回でしょう。

もっと困るのはご葬儀です。
ご葬儀の日程に苦労しますよ。
最悪の場合は、住職でない方にご葬儀をお願いする場合も出てきてしまいます。

それくらいなら、安い公苑墓地を取られた方がずっと良いですよ。
ということで、一番基本は、住職がいることです。

そんなの当たり前だ。
そうでもないんですよ。
そこのお寺、永代使用料(平たく言うと墓地を買う価格)が安いせいか、けっこう墓地を求める人がいるんです。
公苑墓地ならば、宗教・宗派は自由なんで、どの僧侶(もちろん僧侶でなくても大丈夫です)に、葬儀を依頼しても大丈夫です。
寺院墓地の場合は、それはできません


葬儀社に僧侶を紹介してもらうわけにはいきません。
絶対に後悔することになります。
そこだけは止めた方がいいですね。

ただし、今のままならばですが。
この後、そこに住職がいらっしゃるかもしれません。
住職の記憶では、20年位前までは、ちゃんと住職のいらした立派なお寺でした。
ただ、その見込みは少ないと思いますが…。

どちらにしろ、そこのお寺に墓地が欲しいのなら、専任の住職が赴任されるまで、待った方が得策です。

申し訳ありませんが、これでお終いです。
竜頭蛇尾ですが、ご勘弁ください。
先ほども書きましたが、これ以上のことは、直接お問い合わせください。

この程度のことでも、気を遣わなくてはならないのですから、お寺の世界って世間の常識とは、ずれてますね。
どれくらいずれているかは、こちらのページをご覧ください。


説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。