年末年始です 足利市の場合 1日の差でご負担が全く異なります平成29年12月13日再更新

平成23年の12月14日アップの過去ログを全面書き直して再アップします。

まず「火葬場」と「斎場」の違いです。

 

足利市の場合は火葬場を「足利市斎場」と言います。

同じ栃木県ですが、大田原市の場合は「大田原市火葬場」と言います。

両方とも公式HP(市役所のHP)にリンクを貼ってあります。

 

比べてなにか分かりますか?

足利市斎場の場合は「式場」があります。

葬祭ホールと同じく通夜や葬儀を行える施設です。

大田原市火葬場の場合はありません。

全国的には式場も併設した「斎場」の方が圧倒的に多いのです。

 

足利市の場合、斎場の休業日は、1月1日、2日と友引の日です

一部の火葬場を除くとほぼ全国的に同じでしょう。

 

火葬炉のメンテナンスで最低で週1くらいは休業日が必要だと火葬炉のメーカーさんのサイトにありました。

火葬をしている炉の隣の炉をメンテする訳にはいかないでしょうから仕方がないでしょうねえ。

従業員の休日の確保はローテーションで可能でしょうが…

そのためには交代要員を確保する必要がありますからねえ…

 

労働基準法第35条(休日)

1、使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。

2、前項の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。

 

年間の平均休日は120日ということです。

ということで、友引の休業は理にかなっているんです。

ただし、足利市の場合は仏式の葬儀が多いため、日曜日の火葬はけっこう空いています。

 

試しに、現在(13日の午前7時)の予約状況を調べてみます。

16日(土)は友引の休業日です。

翌々日の18日(月)の予約状況は10時の予約が2つ、15時の予約が2つ空いています、ただし一番人気の13時は空きなしです。

それでは17日(日)の予約状況は。10時の予約が2つとも、13時(一番人気です)の予約が1つ!?(゚〇゚;)

なぜ13時が空いているか?

お寺が葬儀を引き受けるのが難しいからです、たいてい法事が入っています。

これからは毎日曜日を休業日にすべきと思います。

 

ただし友引でも火葬が可能な火葬場はあります。

有名なところでは東京の臨海斎場です。

こちらは「1月1日〜3日」とメンテナンスのための臨時休業日だけです。

うーん、やっぱり東京都は財政状況が違いますなあ( ̄ε ̄)

交替で休日を取るための人員の確保ができています。

 

さて今年の年末年始の足利市の火葬についてです。

モデルを設定しましょう。

12月28日に亡くなったパターンです。

 

年末年始の友引の状況です。

 

今年はラッキーな年ですね。

足利市の火葬場の休業日は29日以降(死後24時間経過しないと火葬にできません)では、1月1日、2日と次は1月8日です。

 

これは厳しいと思った去年の年末年始の東京都日野市の休業日です。

なんと12月30日が半日分、31日から1月3日まで4連休です。

これはきついですよ。

足利市ならば完全にパンクです。

おそらく日野市は火葬炉の稼働率が低いんでしょうねえ╮(_)

 

足利市は火葬炉の稼働率が全国的にも高い地域なんです。

火葬待ちが1週間や10日間程度になる地域って少ないんです平成29年8月7日更新

 

仮に予約が空いていたとしても、ホールを持っていない葬儀社(足利ではほとんどホールをお持ちです)は、30日の葬儀・告別式が年内最終です。

これも前回も書きましたが、梵鐘をお持ちのお寺は、除夜の鐘の行事のため、31日のご葬儀は、普通引き受けません。

通常は、30日が最終日です。

 

12月28日ご逝去の場合、29日通夜、30日葬儀ができれば良いんですが…

不可能に近いです。

ところが高庵寺ならば年内の葬儀が可能な場合が多いんです。

なぜなら31日のご葬儀が可能です。

 

住職、意味分かんないよ。

そうですねえ、普通はお寺が31日の葬儀を引き受けないんです。

なぜなら除夜の鐘の大行事を行いますから。

幸か不幸か高庵寺は梵鐘が無いので引き受けられるんです。

 

次に1月のカレンダーをご覧ください。
3ヶ日は、ご葬儀をやりたくないですよね。
できれば、松の内も避けたいですね。
皆様同じです。

できれば連休だし、7・8日でやりたい。
分かります。
でも、絶対にできません。
気がつきましたよね。
8日が友引です。

仕方ない、6日通夜、7日葬儀・告別式にしよう。

土日で都合をつけやすいし。
みなさん、同じ考えです。
たいてい埋まっています。

 

年明けの予約は4日通夜、5日葬儀が最初に埋まります。

以下、5日通夜、6日葬儀と徐々に繰り下がります。

 

ご遺体の保存にも限界があります。

普通はドライアイスで保存です。

冬場でも「6日通夜、7日葬儀・告別式」くらいが限界です。

 

保冷庫をお持ちの葬儀社さんでしたら、そちらを使います。

よくアメリカのTVなんかで出てくるのは「冷凍庫」ですので、葬儀社さんの保冷庫とは違います。

葬儀社さんがお持ちのは「冷蔵庫」ですので、冬場でしたらドライアイスと大差ありません、だいたい4℃の保存ですから。

 

これ以上伸ばすということになると、葬儀社さんはたいていエンバーミングを勧めてきます。

これがクソ高いんですよ。

実例を過去ログで書きました。

大手互助会のボッタくり商法の手法平成28年1月24日更新

 

住職、どうしたら良いん???

3日が火葬場の営業日です。

たいてい空きがあるんで、3日の火葬を選択することになります。

 

詳しくは過去ログで書きました。

対処法はこちらをご覧ください。

本日は大晦日です 高庵寺(こうあんじ)は葬儀可能です平成27年12月31日更新

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: mail