村落共同型墓地 とにかく管理がいい加減です平成29年2月12日再更新

 

「平成25年1月12日更新」のブログの再更新です。

最近、高庵寺墓地を「墓終い」された方が下記の「村落共同型墓地」についてお話をされてました。

 

高庵寺墓地は○○家です、村落共同型墓地は△△家です。

簡単に書くと、高庵寺墓地の○○家の一人娘が嫁いで△△家になりました。

両家の両親は死去、ご自分の夫も死去、2つのお墓を1つに纏めるというパターンです。

非常に多いパターンなんです。

 

ご本人は高庵寺墓地を残したいご希望でした。

だいぶ前から相談を受けていて、私は高庵寺永代供養墓への○○家のお墓の墓終まいをお奨めしていました。

ご本人は高庵寺墓地への改葬を希望していらしたため、解決が長引いたのです。

 

親戚に○○家の名字の方はいらっしゃいません。

△△家の方は親戚が何人かおいでです。

「和尚様、親戚の方の反対が多く改葬はできませんでした」

これが結論でした。

 

「村落共同型墓地」に永代供養墓が存在することはありません。

なぜなら永代供養墓の運営には墓地経営主体の永続性が強く求められるからです。

もちろん、下記の「村落共同型墓地」に永代供養墓はありません。

経営主体は権利能力なき社団(法人格なき社団)です。

大半の「みなし墓地」の墓地管理組合がこれです。

学校のPTAと同レベルですから(;´д`)

詳しくはこちらの過去ログをご覧ください。

お墓の権利の基本です お墓の使用権者が全ての権利と義務を有します平成26年4月1日更新

 

お聞きしたら、改葬して他へお墓を移す人続出だそうです。

ド素人がボランティアで管理している墓地ですからねえ。

今はまだ熱心な人がいます。(田舎ですから)

大都市部には絶対に存在しない墓地です。

 

以下が以前からのブログの再アップ部分です。

実例がアップされてますので、再度ご覧ください。

 

以前に、墓地の種類についてまとめました。

 

墓地を選ぶなら 寺院境内型墓地 公営墓地 民間霊園型墓地 村落共同型墓地 どこが一番?平成24年5月9日更新

 

普通は公営霊園が一番安いのですが、本当は村落共同型墓地の一部が一番安いんです。(高い墓地もありますよ、だから一部なんです)

当たり前ですが、高いところは施設設備もある程度きちんとしているし、墓地の管理もそこそこです。

ただし、価格の割にはメンテナンスもいまいちだし、管理も他の墓地よりは劣ります。

ようするにメリットは全くありません。

 

村落共同型墓地は安くなければ意味がありません。

 

以前紹介したこの墓地です。

 

知り合いが素晴らしいお墓を建てられました 墓石が大当たりです なんて運が良いんでしょう平成24年11月15日更新

 

この墓地は、もともと寺墓地では無かったのです。

墓地管理者がこの土地に建っているお寺の住職でした。

色々と確執があり、墓地の所有者が住職を追い出したのが真相です。

その経緯が書かれた石碑を、今度は解像度が高い画像でお見せします。

 

説明をする前に、例によってYAHOO知恵袋の住職の回答を引用します。

 

質問の概要は、次のようなものです。

 

昔からの地域共同墓地で、区画の境界の設定はあやふやである。(良くある話です)

墓地は地域の墓地管理組合が管理しているが、規約等は一切ない。(とにかくいい加減なのです)

墓地の建て替えを届け出て、隣地墓地の使用者の方の立会を求めたが、協力が得られず、管理組合との立会だけで境界を決めて墓を建ててしまった。(最悪です)

その後、隣地墓地使用者の親族が境界沿いの石を無断でお墓にしたとクレームをつける。(外柵の一部にしたようです)

常軌を逸した嫌がらせを受けており、警察に被害届を出したいがどうしたら良いか?(ここまで拗れると、大変なんですよね)

 

住職の回答です。

 

お墓に関する権利は、概ね3つあります。

 

1、墓地の所有権

これは登記簿を見れば分かります。

 

2、墓地の使用権

あなたのような墓埋法施行以前のみなし墓地では、ほとんどがいい加減で、問題が多発しています。

>田舎の墓地なので墓地管理組合の規約などはいっさいなく

かなり問題が大きい墓地ですね。

墓地管理者の登録はきちんとされてますか?

登録されている墓地管理者が20年前にご逝去されていたなんてこともよくあります。

 

3、墳墓の所有権

これは明確にあなたにあります。

 

以上を踏まえて回答いたします。

 

>境界の石がどちらのものかという決めてはどちらも持ってなく双方とも先祖から聞いたと主張しているていどなので、話し合いは決裂して調停で話そうということになり相手の申立を待っていた

これは、完全に民事の問題なので、警察は介入しません。

 

>争いのある部分(もともとあった境界の石の上にコンクリートをのせていたり、新たに境界の石を上に載せている)にペンキを塗り「盗った。カエセ」などの文字を相手が書き込んで

あなたの所有の墳墓の一部に対する、器物損壊罪に該当します。

もちろん、民事の結果、該当の構築物が相手が使用権を所有する区画内にある場合は、相手の求めに応じて撤去しなければなりません。

 

>当方が泥棒であると旨の看板を相手は自らの墓標に縛り付け

この部分を含め名誉棄損罪に当たります。

 

ただし、墓埋法施行以前のみなし墓地での判例を見ても、結果は素人の私が見た場合に、似たような事例で判決が分かれていることもしばしばです。

警察に告訴をされる前に専門家への相談をお奨めします。

 

本来であれば、ここまでこじれる前に、墓地管理者が処理すべき問題です。

 

法律相談のカテでしたし、質問者がある程度法律に詳しい方のようだったので、専門用語を使っています。

少し説明します。

 

上記の「1、墓地の所有権」というのは墓地の土地の所有者です。

現在は地方公共団体か公益法人(ほとんどお寺です)所有の土地以外は、墓地の造成は認可されません。

上のリンクでご紹介した墓地は、全て墓埋法(墓地、埋葬等に関する法律)施行以前のみなし墓地です。

「みなし墓地」、すいませんまた法律用語です。

法律用語でいう「みなす」は非常に重い権利なんです。

「みなす」は「同じ」と法律上は同義語です。

 

上の写真の墓地は、土地の所有者は「合併前の旧村」です。

現在の登記は、墓地管理組合になっています。

登記簿の表題部は「○○外1大字共有地」のようになっています。

甲区は未記入です。

これは、非常に宜しくありません。

管理組合を権利能力なき社団として顕在化して、規約、「社団代表者(以下])名義で登記する旨」の議事録、 「表題部の登記は錯誤である。]名義で登記することを議決した」旨の上申書、「○○市の財産台帳には登載されていない」旨の証明書、「△△寺の所有ではない」旨の証明書、元・前墓地管理者のの「管理組合所有である」旨の証明書を添付し、X名義に表題部所有者更正する必要があります。

 

甲区というのは所有権に関する事項なので、ここがきちんとしてないと非常にまずいのです。

しかも、墓地管理組合長が変更になった場合は、その都度、変更を届け出る必要があるのです。(ここまでやっているところはありません)

 

この墓地ははっきり言って、全くメリットがありません。

高庵寺の墓地管理費(護持会費と言っています)は、年間5,000円です。

この共同墓地、なんと10,000円です。

しかも施設設備、メンテナスは、高庵寺とは比較にならないくらい低レベルです。(当たり前ですが)

上記リンクの素晴らしいお墓を建てられた知り合いは、高庵寺がもっと早く墓地を整備してくれたのなら、高庵寺に墓地が欲しかったと言ってました。

すいません、先住が全くやる気が無かったんですよね。

以前にも、ご近所の方から恨み辛みを言われました。

 

墓地の購入は 全ての費用トータルで考えましょう平成23年5月30日更新

 

高庵寺はユニバーサルデザインの寺へ向け 工事中です 昔の職人の技術に感心しました平成23年12月5日更新

 

高庵寺のすぐ側の人が、上記リンクの民間霊園に数年前にお墓を建立したんです。

自宅から車で25分の山墓地と、徒歩1分の平地の墓地の比較です。

グチをこぼされるのも分かります。

でも、民間霊園としては価格もリーズナブルですし、権利関係もしっかりしています。

共同墓地よりはずっとましですよ。

2、墓地の使用権(これは意味が分かりますね。墓地を買うというのは、この権利を買うことです)

3、墳墓の所有権(これは、墓石や外柵等、墓地の建造物のことです。昔は土饅頭でした)

この2つがきちんとしています。

 

とにかく、過疎地の墓地は全てダメです。

寺墓地も含めて、30年後には消え去ります。

 

同じく過疎地の村落型共同墓地も、いくら安くても止めた方が良いですよ。

次のリンク先のようになったらお終いです。

墓参もできないお墓なんて意味がありません。

 

一番大切なのは墓地選びです平成24年9月21日更新

 

注意:石には旬があります。あくまでもこのブログの時点での情報です。後日お読みの方には当てはまらない可能性が圧倒的に高いのです。常に最新の情報を参照して下さい。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: mail