葬儀で絶対に失敗しないために18 家を建てる 最初に見積もりを取りますね 基本です なぜ事前相談が必要か? 身内の死期が迫っている 葬儀屋と話をするのは嫌ですね できればまだ元気なうちが良いんです でもいざとなってからでは失敗する可能性が高いですよ 見積もりも取らないで葬儀を依頼する人が後を絶ちません平成25年3月7日更新

 

あなたはお墓を建てるとき、見積もりを取りますか?

住職は、檀家様や新規入檀希望者には、必ず2社以上で相見積もりをするように強くお奨めしています。

 

ところが、見積もりも取らないで、「だいたい○○○万円くらいです」、これで依頼する方もいるんです。

もちろん、実際の支払額は最初の言い値よりも高くなります。

「○○の工事が余計にかかっちゃったんで、この価格です」

バカ言ってんじゃあないよ。

でもそれで、払っちゃう方もおいでです、たいていは義理絡みですが。

 

その一例です。

正しいお墓の建て方その15 基礎工事の重要性 鉄筋のピッチは20cmと30cmでは全然違います 一番大切なのはコンクリートの打設時の撹拌と夏と冬の養生です(追記あり)平成24年7月15日更新

 

義理がらみの施工は良いことないですよ。

だから、住職は石屋さんを紹介するときに、必ず石屋さんとご本人を目の前に、こう言っています。

「いいですか、○○さん。 私が紹介したからって、△△石材さんに依頼しなくたって良いんですよ。 必ず相見積もりを取って、ライバル社の方が良かったら遠慮なくそちらに依頼して下さいね。」

 

住職は、以前に全優石に加盟のための条件を問い合わせたことがあります。

それを書いたブログです。

正しいお墓の建て方その33 追記3 この石屋さん信頼できます? 全優石加盟店ならば大丈夫ですか? 日本石材産業協会が運営・発行している「お墓ディレクター」がいる店なら安心?(追記あり)平成24年10月9日更新

 

それでも、お墓の建立では、きちんと見積もりを取っていただけるようになりました。

たいてい時間の余裕があるからです。

失敗された方は共通点があります。

ご逝去後、49日までにお墓の建立、改修を希望された方ばかりです。

 

なにを言いたいか分かりますか?

タイムリミットが迫っていて、物理的にも心理的にも余裕が無いと、失敗する確率が確実に高くなるということです。

 

この失敗例があまりにも多いのが葬儀社選びです。

 

この「葬儀で絶対に失敗しないために」のシリーズで、一番最初に書いた2つのブログ、もう一度読んでいただけませんか。

 

葬儀で絶対に失敗しないためにその1 遺体搬送のときが勝負です 遺体の搬送だけお願いします 後のことは身内とも相談しないと決められませんので… この一言で決まります そのまま契約したらお終いです 絶対に一度葬儀社に帰ってもらい 頭を冷やしましょう平成24年8月2日更新

 

葬儀で絶対に失敗しないためにその2 とにかく遺体搬送のとき契約してはいけません 契約前に必ず誰かと相談する 問題は誰に相談するかです平成24年8月3日更新

 

なかなか身近なことは書けないんですが、もうだいぶ前のことなんで、書いても特定される心配が無いので今日は書きます。

ある早朝、葬儀社の方からいきなり電話です。

「住職、お檀家の○○さんが亡くなりました。火葬場の予約や喪主の都合で、○○日の通夜、△△日の葬儀・告別式、□時の火葬が最短になるんですがご都合は大丈夫ですか?」

喪主やご遺族とも一切話ができず、とにかく火葬の予約が必要ということで承諾しました。

 

高庵寺は、現在も全く新しい寺院像を目指して、全面工事中です。(後3ヶ月程度で全て完了の見込みです)

改葬(お墓のお引越し)は簡単です なぜ改葬しないんでしょうか? あのお寺の檀家は耐えられない そんな相談もたくさん受けます このまま行ったら寺離れが一斉に進むかもしれません 檀家様のために良いお寺が残るためには自由競争が必要です平成25年2月27日更新

 

そのお話があったときは、工事の進みが一番遅い時でした。(室内の施工をしていたんです。 大工さんの手仕事ですので、着実に進んでいても、外から見るとほとんど変わんない時です)

住職の心身の疲れもピークのときで、朝6時の起床が辛かった時期です。(本当に恥ずかしいんですが)

言い訳がましいんですが、お寺に宿日直です、夕食、入浴を、家族が住んでいるアパート(仮の庫裡です)で済ませ、それから寺に戻り仕事、就寝です。

それが1年半も続いていた時期です。(この2年間は、文字通り命を削りました)

 

翌日、喪主とご遺族と打ち合わせです。

「○○さん、△△葬儀社から、このように承っているのですが、これで宜しいですね」

「え! 葬儀社とは、まだきちんと打ち合わせをしてないんです」

「病院で亡くなり、看護師さんの紹介で遺体搬送をお願いしたら、葬儀が決まったことになったんです」

 

早朝のご逝去です。

自宅に遺体搬送され、ご遺族がなにも分からないうちに、見積もりもなにも無い状態で契約です。

直ぐに私の所に電話があり(業者からだけです)、日程が確定です。

この後は、書かなくともご想像が着きますね。

 

何度も書いてきました。

ご逝去と同時にご遺族の頭の中は真っ白です。

誰か冷静な人に相談できるチャンスがあれば良いんですが、それを与えないのが葬儀社のテクニックです。

 

とにかく、葬儀社とお客の情報量の差があり過ぎます。

住職も何回も書いてきましたが、一番簡潔なブログにリンクを貼っておきます。

葬儀業界と葬式仏教界の競争原理の違い 1/2

 

プロの方や経済学を勉強された方向きの内容ですので、分かりにくいかもしれません。

その場合は、住職のこのシリーズをじっくり読んで下さい。

そのうち、上記のブログの解説版のブログを書きます。

 

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: mail