新盆(初盆)のお供え何をお持ちしたら良いでしょう平成25年7月20日更新

 

葬儀や法事についての慣習は、地域ごとにものすごく差があります。

極端に言うと、川1本渡っただけで異なります。

ネットの普及で、だんだんと共通化される状況ですが、40代以下の方とそれ以上の方ではウェブに対しての環境が全く異なります。

都市部と地方でも全く異なります。

今回は、YAHOO知恵袋で勉強になった事例をご紹介します。

 

質問は、毎年7月上旬から今頃にかけて何度もある良くある質問です。

新盆(初盆)のお供えに、予算5千円程度でなにが良いかです。

昔は、親戚が盆提灯を送る慣わしが当地でもあったのですが、今や絶滅状態です。

第一、盆提灯自体を飾らないご家庭が大多数です。

 

住職の回答です。

嬉しい順に。
1、現金
2、金券
3、日用品、私もベストはお米です

1と2は実も蓋もないですね。
変化球としてはギフトがあります。

逆に絶対にお供えに持って行かない方が良いものの筆頭がお線香です。
ところが多いんです。
処分に困って、どうしましょうの質問が知恵袋でもたくさんあります。
お寺に寄贈されてはの回答が必ずあるんですが…。
僧侶の回答は例外なく迷惑ですになります。

実に単純な理由で、線香は嗜好品なんで、香りが好みに合わないと迷惑なだけなんですね。
タオルなんかも昔は引き出物で多かったのですが、これも嗜好品に近いんで、未使用のままPTAのバザーに出したら、売れ残りなんて経験ありませんか?

結局、日用品の詰め合わせをお勧めしました。

 

ところが、他の回答者の回答に驚くべき回答があったのです。

その方は、現金を強くお勧めしていました。

驚いたのは、その理由です。

 

新盆ともなりますと、大勢の人が来られます。それらの方が、何かしらの品物を持ってこられても困りますよね。
現金がいちばん喜ばれます。
当地では新盆ですと一般の家庭で50名以上はきますね。(私の両親の新盆では、100名以上のひとが来ました)

 

これでは、現金、百歩譲って金券以外は迷惑そのものです。

日用品といっても、醤油は微妙なんですが、食用油なんかだったら冷暗所に保管すれば、けっこう保ちますし、もらって有り難い人が多いと思います。

それでも数人までですよね。

 

お線香はお一人でも困ることがあります。

なぜなら嗜好品だからです。

ありふれた香りのものなら、まだ良いんですが、最近は花の香りのものもあります。

これなんか、好きな人意外はゴミになるだけです。

 

参考までに、お線香は高い順に、伽羅、沈香、白檀です。

といっても、伽羅よりも白檀の方が高い場合もあります。(原材料の割合で価格が全く異なるんです)

この中で、一番無難なのは白檀です。

理由は、一番くせが少ない香りだからです。

伽羅の小割(削りカスにしか見えません)なんか、極上品は1gで2万円以上します。(100gではありませんよ、たった1gです)

これは極端な例ですが、知らない人に差し上げてもなんの意味もありません。

 

以前にも書きましたが、ときどき檀家の方からお線香を寄贈されます。

しょうがなく(失言です、有難く)頂戴し、墓参の方にご自由にお持ちくださいとご案内していますが、なかなかはけません。

他のご住職にもお伺いしたんですが、どこも困っておられます。

 

もし、100名の方から新盆にお線香を頂戴したら…。

やはり、実も蓋もなくとも「現金」が一番ですね。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから