今年が新盆の方どうお迎えしますか平成25年7月29日更新

 

地蔵盆と書いて、「なにそれ?」と思われた方も多いと思います。

一応解説しますと、8月23日、24日に行われます。(これも地域によっては7月です。元々は旧暦ですので、お盆と同じ理由です)

近畿地方では行われている地域が多いと聞きます、北陸や長野の一部でも行われています。

関東では、全くといっていいほど聞いたことがありません。

 

地蔵盆にお施餓鬼をされるお寺もあります。

お盆に卒塔婆をあげると勘違いされている方も多いのですが、たいていはお施餓鬼の卒塔婆です。(一部にはお施餓鬼の卒塔婆とは別に、お盆の卒塔婆をあげる地域もあります)

当地では彼岸にお施餓鬼をされるお寺も多く、そこの檀家の方は、お彼岸に卒塔婆をあげるものだと思っています。

 

ということで、葬儀や法事よりも遥かに、地域差や宗派による偏差が大きいのです。

それどころかお寺によっても異なります。

高庵寺の檀家様でも、新盆の迎え方はバラバラです。

坊さんですから、聞かれれば一応お答えします。

これはあくまでも一例ですので、この方法が正解というのではありませんよ。

一応、お断りして回答しているんですが、ダメですね。

私の回答が正解だと思ってしまいます。

そうかと言って、答えないわけにはいきませんので、悩ましいところです。

 

金沢市の「キリコ」について、質問された時は、全く知らなくて驚きました。

お盆の風習 地域差がものすごく大きいのです平成24年8月12日更新

 

YAHOO知恵袋に「新盆のお供物やお包みをどうしたら良いか」の質問がありました。

回答するのを躊躇ったのですが、どうせご自身の経験からの回答がたくさん寄せられて、質問者が誤った認識をされると困ると思い、お節介な回答をしました。

地域と宗派により慣習が全く異なります。(以下略)

回答になってないような回答なんですが、案の定、予期した回答が次々とありました。

どうしようかなと思っていたら、別の葬儀のカテゴリーマスターの方が木端微塵に打ち砕いてくれたので、補足をしなくて済みました。(この人は良く回答を拝見しているのですが、立派です。そこまでやると、恨みを買うので、なかなかできないんですが)

 

以前にこの公式ホームページのアドレスを載せていたら、葬儀会社の方に恨みを買って、酷い目にあいました。

もっとも、それくらいの方ですので、他の回答者から総攻撃を受けて、知恵袋から消えましたが。

今はプライベートホームページのアドレスだけを載せています。

改葬のような深刻な問題には、知恵袋では対応できないんです。

今、お一人相談にのっています、9割方解決になりました。

この相談の内容を、相手が特定されないようにして載せられれば、皆様のお役にたてるんですが!!

 

葬儀や法事等に関することは、基本習俗です、慣習です。

正解はありません。

それを前提の上、お読みください。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから