正しいお墓の建て方その35 良い石屋の選び方 最重要は金額です 次に品質です(これが難しいんです) そして親切です 横浜の超親切な石屋さんをご紹介します平成26年2月19日更新

 

関東では東京近郊の建墓は、高庵寺のある栃木県や群馬県に比べてかなり割高になります。

理由はいくつかあるのですが、まず指定石材店方式です。

 

東京近郊では、全く同じお墓の建墓価格が公営霊園と民間霊園で5倍程度異なるのは当たり前です。

民間霊園によっては10倍近くなります。

公営霊園は石屋を自由に選べます。

上手に相見積もりをさせれば、驚くほどリーズナブルに建墓できます

 

民間霊園は指定石材店方式です

石屋を選ぶことができません、それどころか最初に氏名を教えた営業マンを変更することすらできません。

自由競争が全くないのです。

土地の代金が高いので、開発経費は莫大な金額になります。

本来ならば、墓地の使用権を買う金額を数百万円に設定しなければ赤字になってしまうのです。

それを競争上、公営霊園とあまり変わらない価格に設定しています。

建墓料金をボッタくり価格にしなければ、赤字になってしまうのです。

 

あなたの建墓料金が適正価格か素人の方には絶対に分かりません。

なんどかブログに書いたのですが、高庵寺に不思議なお墓があります。

竿庵治石(中目)、五輪塔G614の組み合わせのお墓です。

両方とも白御影石の小目の石ですが、品質は天と地との差があります。

正しいお墓の建て方その20 石の選び方 国産ブランド石 真壁小目と稲田 本小松の現況について 真壁小目と稲田はほとんど中国加工です 本小松良い石を手に入れるのは至難の業です お奨めしません平成24年8月4日更新

お見せして、違いが分かった方は皆無です

 

建墓料金が高いか安いかは、相見積をして比べることでしか素人のあなたには分かりません

 

品質、これは素人のあなたには無理です。

素人のあなたに石の良し悪しや、石屋の腕の良し悪しは絶対に分かりません

 

親切、これは誰にでも分かります。

基本は相見積です。

ただし、価格だけで決めるのはお奨めできません。

お墓は建てて終わりではありません。

価格差がものすごくあれば別ですが、僅かの差でしたら親切な石屋さんをお奨めします。

 

東京近郊で数少ないお奨めできる石屋さんをご紹介します。

ただし、価格と品質については存じ上げません。

必ず相見積をされて下さいね。

とにかく親切な石屋さんです。(親切の上に○○がつくくらいです)

メールをきっかけに知り合いました。

ブログを拝見していて、この石屋さんなら間違いないと確信しています。

住職は、葬儀屋さんや石屋さん等のホームページやブログは、半端じゃないほど見ています。

自分でもブログを書いていますので、ブログを見ているだけで判断がつきます。

 

横浜の米陀石材店さんです。

このブログです。

雪トレ2014年02月17日

 

面倒な方のために、ポイントを引用いたします。

 

今回の雪も大分破壊力がありましたね。

前回と同じく、自宅周り+店回り+お寺周り(埋葬がありまして。但しこちらは父に頼みましたが)+αで法事二件のお墓周りを行いました。

 

いやー、いやはやいやはや、丸一日雪かきしておりました。

特に法事の方のお墓が山のてっぺん部分でして、階段何段でしょう?それに加え入り組んだ奥の方でしたので、非常にしんどかったです。

 

何度心が折れかけたことか。

階段を一エリアやり終わり、踊り場に上がる度に。

曲がり角の先のストレートの長さに脱帽する度に。

 

もう、いいんじゃないか?

もう、諦めてもいいんじゃないか?

 

という言葉が何度も脳裏をよぎります。

しかし、いや、二言は無い!もう少し!もう少しだ!と奮起し、何とかやり遂げることが出来ました。

 

住職も今回の大雪で大変でした。

2月8日の大雪 高庵寺でも積雪25cmを越えました 粉雪(信州の雪です)だったのでさしたる被害はありませんでした 昨日2月15日の大雪と強風で高庵寺のシンボルの男松に甚大な被害が出ました 本堂に上がることができません 新庫院の効果で本日49日法要と納骨が無事に出来ました これがユニバーサルデザインです(再追記あり)平成26年2月17日更新

 

はっきり言って、この人は愚直です。

ブログの続きです。

おかげでお客様たちもスッキリと法要のお参りが出来たようですから、なによりでございます。

損得抜きで、自分のお客のために尽くしてくれる、こんな職人が昔はいくらでもいたんですがねえ。

いまどきこんな職人を探すのは、本当に難しいんですよ。

 

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから