生活保護法で級地別に支給される基準額内(葬祭扶助基準内)で施行してくれる葬儀社平成26年3月2日更新

 

生活保護葬(こういう名称があるわけではありません)は、生活保護受給者が亡くなったときに行われる葬儀ではありません。

生活保護受給者が亡くなったときには、生活保護葬になることが多いということだけです。

 

適用される法律はこれです。

生活保護法

(葬祭扶助)

第18条 葬祭扶助は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者に対して、左に掲げる事項の範囲内において行われる。

一 検案

二 死体の運搬

三 火葬又は埋葬

四 納骨その他葬祭のために必要なもの

2 左に掲げる場合において、その葬祭を行う者があるときは、その者に対して、前項各号の葬祭扶助を行うことができる。

一 被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき。

二 死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき。

 

生活保護受給者の葬儀の事は、ほんの少し前まではインターネットで調べても出ていませんでした。

正確には、断片的には出ていても、一般の方が理解するのは非常に難しかったのです。

実際に起きた場合も病院から提携の葬儀社、管轄役所から葬儀社と話が進み、表に出ることはありませんでした。

 

必ずしも上記の生活保護法の第18条が適用されるとは限りません。

生活保護を受給している独居者が亡くなったときは、行旅病人及行旅死亡人取扱法を準用して執り行う場合も多かったのです。

 

私も一度経験しております。

といっても生活保護受給者ではありません、十分な貯蓄のある方でした。

高庵寺に墓地もあり、そこに埋葬して永代供養でお預かりできるだけの方でした。

親戚(一番近い方で血族3親等です)が全員関わり合いを拒否しました。(遺産相続だけはされたそうです)

ケースワーカーが葬儀費用に使える故人の財産は、生活保護葬に近い金額だけです。

例え1億円の財産が有っても、法定相続人の承諾が無ければ、生活保護葬レベルの葬儀しかできません。

 

この方の場合も、火葬だけを行い、合祀墓地(俗に言う無縁墓地)に埋葬となりました。

高庵寺の墓地は祭祀承継者が誰もいないため、高庵寺の費用で解体撤去し、既に埋葬されていたご遺骨は高庵寺の永代供養墓(千手観音墓苑)に改葬いたしました。

この立派な永代供養墓です、ただしご本人は埋葬されませんでした。

 

そのために、以下のブログを連載しております。

祭祀承継者のいない方のために 足利市 曹洞宗 高庵寺 跡継ぎのいない方のための死後の準備 死後事務委任契約公正証書を活用しましょう

苦い記憶です。

 

最近になって、画期的なサイトを見つけました。

内容は浅いのですが、非常に分かり易いのです。(一般の方にはこのレベルの内容で十分です)

こちらです。

 

一部無断引用します。(連絡先がサイト内に無いため、引用承諾の申請ができません

2010年に生活保護を受けていた義理の母が亡くなったことをきっかけに、生活保護受給者の葬儀についていろいろ調べるように。

具体的には、東京都内の格安な葬儀会社や葬祭扶助の給付方法・受け取る金額、役所で行う手続き、遺品整理の仕方などなど…。

その知識を活かしたく、また、皆さんに生活保護葬について幅広く知ってもらうべく、今回このようなサイトを立ち上げることにしました。 

このサイトが、少しでも皆さんのお役に立てることを祈っております。

 

ところがトップページは巧妙な宣伝になっています。(生活保護葬のシステムについてのブログは評価できます)

そのランキングのトップの葬儀社がこちらです。

 

ホームページの作り方が似ています。

住職みたいに葬儀に関するホームページやブログをたくさん見ていると、それだけである程度判断できるんです。(はっきり言って自慢です)

住職が見ているのは、葬儀・墓等が大半です。

正直に書きますが、お寺のホームページやブログはあまり知りません。(興味がありません)

 

一つ勉強になりました。

東京及び近郊では、生活保護葬が十分商売になります

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから