初彼岸ってなに?平成30年3月11日更新

 

もう直ぐお彼岸ですね。

みなさんはもう墓参に行かれましたか?

高庵寺の春彼岸の花山茱萸です。

毎年春彼岸の頃に見頃を迎えます。

本日現在は(--;A

今年は開花が遅れています。

 

彼岸に関する曹洞宗の正式な見解です。

彼岸会(ひがんえ) 3月・9月

 

住職は個人的には墓参をする良い機会だと思っていますので、この習慣は続いて欲しいなあと思っています。

墓参って普段からすれば良いんですが、なにかきっかけが無いとなかなかできませんよね。

お盆の習慣が一番定着していますが、墓参には向いていません。(7月の地域では梅雨ですし、8月の地域では暑さのピークです)

高庵寺は山茱萸がちょうど見頃です。

気分爽やかに墓参をしましょう。

 

彼岸近くなって「初彼岸」の質問がいくつかありました。

正直言って知りませんでした。

一部の地域の慣習ですね。

曹洞宗の公式HPにも記載がありませんでした。

 

去年も初彼岸について書きました。

初彼岸になにをしたら良いんでしょうか?平成29年3月4日更新

 

高庵寺では彼岸会法要はしません。

それどころか盂蘭盆会法要(お盆の法要です)もしません。

 

曹洞宗の大本山總持寺の年間行事を見てみましょう。

ここでやってなければ、曹洞宗ではやってないということです。

年間行事のご案内

 

まず、お盆の法要はないですね。

知る限り、盂蘭盆会法要をやっているお寺は一つもありません。

 

じゃあ高庵寺ではお盆に法要はしないのか?

もちろん、高庵寺年間法要で最大の法要を行います。

でもそれは、「盂蘭盆会法要」ではなく「施餓鬼会法要」です。

 

曹洞宗行持規範(なんどもブログで書きましたが、曹洞宗の行事の絶対的な基準です)にも「盂蘭盆大施食会」と書いてあります。

詳細に準備から記載があります。

 

ちなみに高庵寺の施餓鬼会の様子は寺報に記載してあります。

寺報 高庵寺通信第39号です 平成29年8月1日発行です平成29年8月1日更新

 

高庵寺の施餓鬼は動画がありませんので、他の曹洞宗寺院の動画を貼り付けておきます。

 

ちなみに高庵寺の施餓鬼は祈祷太鼓を使いますので、こちらの動画の法要に近いです。

 

さらに新盆(初盆)施餓鬼の動画にも貼り付けておきます。

 

うー、このお寺さんの新盆施餓鬼は凄いですなあ(^¬^)

よほど檀家様が多いんでしょうなあ。

 

足利の曹洞宗のお寺でも新盆施餓鬼を行うお寺もありますが…

全てお施餓鬼の法要が盆以外(例えば秋彼岸)のお寺です。

やはりお盆にお寺で法要がないと、檀家様が満足されないんですね(^v^)

 

それでは彼岸会法要の曹洞宗行持規範の記述です。

 

え! 住職、これだけ???

はい、これだけです。

總持寺の年間行事をご覧ください。

内容は「仏道精進の1週間」と書いてあるだけでしょう。

總持寺も墓地があり、檀家様は墓参をされますが、特別な法要はしません。

 

結論として、お彼岸は墓参りをされれば良いんです。

初彼岸でも同じです。

心を込めて墓参りをして、「お母さん、初めての彼岸ですね。残された私たちは元気にやってますよ」、爽やかな気分になります。

いつも書いてますが、仏事は墓参りも含め、故人のためにするものではありません。

自分自身に功徳を積み、幸せな気持ちになるためにするんですよ。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから