高庵寺の整備工事全て終了しました 勧募の方は平成25年3月31日を以て終了致しました 勧募期間の終了と併せて入檀料20万円の規定を廃止しました 完全バリアフリーの墓地が平均価格帯30万円〜40万円になっています 竣工記念碑の建立も終了しました 今後数十年は檀家の方への寄付の要請はありません平成26年5月1日更新

 

平成22年9月から開始された、境内・本堂・墓地・庫院・法要堂他、高庵寺全てを改修する大工事も平成26年3月31日を以て全て竣工いたしました。

寄付については、既にその1年前の平成25年3月31日を以て終了しております。

同時に、入檀料を廃止し、お墓の工事費の高騰(中国の墓石輸入価格の異常な高騰が原因です)に対し、新規墓地希望者の負担軽減のため、墓地永代使用料も値下げしました。

新規墓地ご希望の方へ

 

正直に書きますが、安価な中国材での建墓の場合は、3年前の時点よりも現在の方が割安になっています。

良質なインド材を使用の方の場合は、3年前の方が数十万円割安でした。

ここ数年で墓石の原価が大幅に上がりました 足利では黒御影を好む方が多いのですが 黒御影で和型のお墓をリーズナブルな価格で建立できる時代は終わったようです 石屋さんの仕入れ原価を書くの良くないのですが 黒御影で才単価が2万円を切る石種はほとんどありません平成26年4月25日更新

平成22年頃が底値だったんです。

 

いささか古いブログですが…。

お墓が欲しい そんなあなた 今がチャンスですよ平成22年10月22日更新

こちらのHPでブログだけで636本(この他にも寺報とか100本くらいあります)、プライベートHPでも445本(こちらはブログだけです)、ということで1000本を軽く越える内容を書いています。

上記のブログがその4番目のブログです。

 

残念ですが、その分までは負担軽減はできませんでした。

ただし、永代使用料は足利最安レベルです。

立地条件や施設設備も考慮すれば、足利でトップであると自信を持って言えます。

 

竣工記念碑をご紹介します。

石種はM1です。

M1Hと迷ったのですが、(才単価はM1Hの方が少し高くなります)敢えてM1に致しました。

こちらの方が控えめなんです。

本当は竣工記念碑も建立したくなかったんですが…。

自分の功績を誇示する様で好きではないのです。

ただし、寄付を頂戴している以上建立はどうしてもしなければなりませんでした。

 

品質は、M1Hもそうですが、クンナムEやPTR等と並び世界最高品質です。

 

裏面の写真です。

芳名簿を刻字してあります。

うーん、本堂の色調と調和しています。(自画自賛です)

知る限り、M1での記念碑はありません。

おそらく日本で唯一と思います。

 

注意:石には旬があります。あくまでもこのブログの時点での情報です。後日お読みの方には当てはまらない可能性が圧倒的に高いのです。常に最新の情報を参照して下さい。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから