離檀料支払う必要はありません 離檀のための手数料 決められていれば支払いの義務があります ただし数十万円や数百万円は無効です平成26年6月26日更新

 

まず基本です。

このブログをご覧ください。

改葬 お墓のお引越し 難しいの? いえ とっても簡単です平成23年6月2日追加

 

高庵寺は全ての手数料を無料にしています。

お布施は料金ではないので非課税です。

手数料は料金ですから課税対象です。

消費税も含め収益事業ですから課税されます。

ただし、千円程度の手数料でしたら、実質納税額は0円です。

きちんと申告すれば合法的に納税の必要はありません。

高庵寺は「李下に冠を正さず」で無料にしています。

知る限り、全ての寺が無料のはずです。

 

墓地管理規則等で離檀料を決めれば、離檀料を取ることができます。

やっているお寺を知りません。

理由は?

簡単です。

面倒だからです。

責任役員会(会社でいうところの取締役会)等で決定し、利害関係者に周知しなければなりません。

 

厳密に書くと義務付けられているのは、法務局へ届け出る規則だけです。

墓地管理規則等の下位の規則は、法務局へ届け出る寺院規則等に決定方法が明記されていれば、どうにでもなっちゃうんですよねえ╮(╯_╰)╭

ただし、「利害関係者に周知」は義務付けられています。

 

そりゃそうです。

悪賢い住職が勝手に規則を作って、檀家の知らない間に好き勝手にされてはたまりませんから。

 

高庵寺では、規則の改定のような重要事項は全て責任役員会で議決をして、議事録を作成しています。

議事録には、責任役員全員の記名捺印(もちろん実印です)と複数ページに亘る場合は割印の捺印です。(これが当たり前です。宗教法人法等で決まっています。厳密には実印でなくともかまわないのですが、偽造でないことを証明するためです)

 

ということで、無料相談で圧倒的に多いのが高額な離檀料の請求です。

法律的には正式な手続きで、規則で決めていても無効です。

民法第90条(公序良俗)

公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

 

もし、本当に離檀料であれば、もっとも効果的な対策法は、所轄の税務署への通報です。

実際には効果がありません。

離檀料ではなく、離檀料という名前のお布施だからです。

 

宗派によってことなるので、高庵寺の包括法人の曹洞宗の場合で説明します。

相談先は曹洞宗宗務庁です。(本山の永平寺や総持寺に相談してはダメですよ)

とんでも坊主の悪行 本山に訴えて改善されました 絶対にそんなことはありません平成25年8月21日更新

曹洞宗宗務庁

〒105−8544 東京都港区芝2丁目5−2

TEL 03−3454−5411(代表)

メールでの相談はこちらです。

https://sotozen-net-orjp.ssl-sixcore.jp/toi/

 

相談をすれば、回答は決まっています。

あくまでもお布施ですので、お気持ちでお包み下さい

 

困った、どうしよう。

専門家の無料相談に相談しましょう。

改葬(お墓の引越し)駆け込み寺

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから