新盆(初盆)の盆棚(精霊棚)の飾り方平成26年8月6日更新

 

なんども書きましたが、お盆の行事は習俗です。

したがって、地域差がものすごく多いんです。

足利では盆提灯を飾る習慣は完全に廃れてしまいました。

全国的には残っている地域が多いんですが。

これが、一般的な盆棚(精霊棚)の飾り方です。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200506/05/59/d0032059_15261927.jpg

 

こちらが、足利の場合です。(一番本格的な飾り方です)

浄水

 

水の子

 

ポイントは、水の子と浄水です。

水の子と浄水を蓮の葉か里芋の葉に盛るのが正式なんですが…。

手に入らないですね。

昔は兼業農家があって、簡単に手に入ったんですが、田園部でも専業農家が数軒です。

 

浄水にはミソハギの花を添えます。

高庵寺では、何ヶ所かに植えています。

これは、昨日の画像ですが、例年に比べ花付が悪いですね。

お盆のときは、もうちょっと良くなると思うんですが。

 

なぜミソハギの花を添えるのかって、こちらのブログをご覧ください。

お盆の飾り 精霊棚(しょうりょうだな)平成23年8月9日更新

 

新盆(初盆)に行きます、お供えはどうしたら良いでしょう

新盆(初盆)のお供え何をお持ちしたら良いでしょう平成25年7月20日更新

お供えは身も蓋もありませんが現金が一番です。

盆供と表書きして不祝儀袋に入れて精霊棚または仏壇にお供えします

こんな感じです。

これは不祝儀袋を使った例ですが、白無地の金封の方が好ましいんですが、なかなか売ってないですからね。

 

足利では棚経もほとんど無いですからね。(一部のお寺はされています)

新盆(初盆) 自宅で法要をしていただきます なにを用意したら良いのでしょうか?平成26年7月22日更新

 

高庵寺住職は申し訳ありませんがしておりません。

足利では棚経をやられるご寺院様は少数派のようです平成24年7月19日更新

 

上記リンクにあるように、盆中は物理的に不可能です。

盆棚(精霊棚)を飾るのは正式には8月7日なんで、7日〜12日でやればできるんですが。

盆棚(精霊棚) 御霊の憑代(よりしろ)の飾り方平成26年7月1日更新

実際には、準備をされるのはもっと遅いんです。

最近新盆の相談にみえられた方にお聞きしたら、葬儀社が設置してくれるのが12日だそうです。

確かに、笹を使いますからその方が良いんですが、これでは棚経は盆中しかできません。

 

それと、足利は気象庁の観測地点になってないのでデータの発表が無いんですが、実質夏の猛暑日本一の群馬県館林市に隣接しているんで、ものすごくきついんです。

昨日は外気温42度、湿度50%超でしたから。

夜間で気温35度、湿度65%あったんですよ。(これは室内です)

老体では熱中症になってしまいます。

 

ちなみに、今朝の寺務室(このHPを書いている部屋)の状況です。

 

こんなニュースもあったんですよ。(無断引用です。クレームがあれば、この部分は削除します)

熱中症で墓掃除中に死亡? 墓地で遺体発見される

24日午後6時ごろ、兵庫県養父市八鹿町小山の墓地で、70歳ぐらいの女性が倒れているのを近くの住民が見つけ、養父署に通報した。

女性はすでに死亡していた。

同署によると、近くに住む無職の女性(77)で、そばに草刈り鎌が落ちており、墓掃除に来ていたらしい。

女性のものとみられる乗用車が23日から墓地の近くに止まっていた。

同署は、女性が熱中症で死亡した可能性もあるとみて調べている。

神戸地方気象台によると、但馬地域では豊岡で23日に最高気温33・3度、24日に同33・8度を記録した。

一方、24日午前11時ごろには、朝来市和田山町の竹田城跡で、中腹の道路脇にあるベンチに岡山県の女性(70)が倒れているのを観光客が見つけ、119番した。

女性はドクターヘリなどで豊岡市内の病院へ搬送された。

南但消防本部は熱中症の可能性が高いとみている。

2014724日神戸新聞NEXT

 

外気温42度はこれとは比較になりません。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから