旧暦7月7日が盆棚(精霊棚)を飾る正式な日です平成29年6月30日更新

 

平成26年8月8日アップの過去ログの再アップです。

キュウリの馬とナスの牛の作り方の動画を付け加えて再アップです。

 

東京では7月盆なんで、もう直ぐ盆棚(精霊棚)を飾ります。

 

暦法

時   期

代表的地方

@「7月盆」

新暦

7月15日ころが中心

東京・横浜 東北地方など

A「8月盆」

新暦

8月15日ころが中心

全国的に多い。
北海道 新潟 長野 関東南部 関西地方など

B「旧 盆」

旧暦

旧暦の7月15日ころが中心(新暦での日程は、年によってことなる。)

関東北部 中国 四国 九州 南西諸島など

(藤井正雄「盂蘭盆経」講談社をもとに作成)

 

新盆(初盆)の盆棚(精霊棚)の飾り方 足利では盆提灯を飾る習慣は完全に廃れてしまいました平成26年8月6日更新

本当は新盆のときくらい盆提灯を飾ると雰囲気がでるんですが…。

後で処分も面倒ですからねえ。

 

私の父の新盆(読み方は地域によって、にいぼん、あらぼん、しんぼん)の精霊棚です。

関西では初盆(はつぼん)という言い方が多いんですが。

浄飯

 

心まち牛馬

 

心まち牛馬

 

浄水

 

水の子

 

少し詳しく説明します。

「心まち牛馬」は胡瓜の馬と茄子の牛の代理品です。

胡瓜の馬と茄子の牛の作り方です。

なお、胡瓜の馬と茄子の牛は、最後に浅漬けにして食べます。

食べるのが供養なんですよ。

仏様やご先祖様やその他(三界万霊と言います)の供養の食べ物は、お下がりと言って、最後は食べるのが供養です。

 

もし傷んでいたら?

もちろん捨てます。

ただし、そのとき「申し訳ありません」の気持ちで捨てるんです。

全ての食べ物は、私たちが命を永らえるために、その命を布施してくださったものです。

いただくときには感謝の気持ち、捨てる時には懺悔(仏教ではさんげと読みます)をもっていたします。

 

これが一番よく分かるのが五観の偈(ごかんのげ)です。

一つには功の多少を計り、彼の来処を量る。

二つには己が徳行の全欠を忖って、供に応ず。

三つには心を防ぎ、過を離るることは、貪等を宗とす。

四つには正に良薬を事とするは、形枯を療ぜんがためなり。

五つには成道のための故に、今この食を受く。

 

説明すると長くなるので次の機会に譲ります。

 

さて、作り方ですが、ごめんなさい、人の褌です。

リンクを貼っておきます、でも本当に良くできてますね。

 

1ヶ所だけ間違いがあります。

水の子はご先祖様への供養物ではありません。

精霊棚は三界万霊に供養するものですから、ご先祖様だけへの供養ではありません。

水の子は餓鬼への供養物です。

詳しくは、このブログをご覧ください。

水の子に添える盆花(正式名称 禊萩または溝萩)がピンチです平成25年8月11日更新

 

最後に大切なことはお祀りする気持ちです。

本格的な方法を紹介しましたが、この通りやる必要はありません。

リンクを貼らせていただいたサイトでは盆提灯等がありましたが、足利ではここまでは普通飾りません。

小机に白い布をひいて、位牌、お花、蝋燭、香炉、線香、これだけでも良いんですよ。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Documents\ホームページ\new kouanji home\sub11\b_ani010.gif

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから