位牌選び 葬儀社さんから買うのが一番割高です平成27年1月13日更新

 

何事にも例外はあります。

タイトルに反して、サービスも良く安く買える場合があります。

 

大切なお身内が亡くなった、経験者ならば分かりますが頭の中は真っ白です。

僧侶だって同じなんですよ。

 

住職や東堂(前住職)の葬儀は、一般の葬儀とはお金も労力も全くレベルが違います。

罰当たりな話ですが、そろそろ危ないかなと思ったら、数ヶ月前から準備を始めます。

私の場合は、東堂(私の父)の逝去は全く予期できない突然のことでした。

過去ログに何度か書きました。

父の蜜柑 小祥忌 祥月命日の思い出平成22年11月22日更新

 

高庵寺25世 追悼特集号 寺報「高庵寺通信」別刷り平成22年4月1日発行(PDF)

 

坊さんですから、なにをしなければいけないかは分かっています。

これは一般の人よりは有利ですが、葬儀の大変さのレベルが全く異なります。

11月22日に逝去し、28日に葬儀が終わるまで、ほとんど不眠不休です。

寝床に3時間くらいは入るんですが、頭の中は「あれもしなくては、これをまだやってない」、熟睡できません。

葬儀の準備の最中に記憶が連続しない時間があるんです。

おそらく座ったまま数分眠っていたんでしょうね。

 

寺報から一部引用します。

それは、同じく亡き祖父の本葬が全て終了し、本堂に飾られた祖父の遺影の前で呆然と立ち尽くしていた亡き父の顔でした。

あの日、40年の時を超えて突然浮んだ父の表情が、今は心底解ります。

自分の父親を失った悲しみももちろん大きかったでしょうが、明日から、いや今からのことを考えれば、呆然と立ち尽くすことしかできなかったのでしょう。

 

葬儀のプロである僧侶だって、事前に準備をしておかなければこの状況です。

 

まして、初めての喪主で、お墓も仏壇も無い状態だったら、なにをして良いか本当に分かりません。

葬儀社のスタッフが、親切に位牌から仏壇まで全て手配してくれます。

あなたはなにも考える必要はありません、お金を支払うだけで済みます。

将に至れり尽くせりのサービスです。

もちろんそのサービスは無料ではありません。

 

全く同じ品物が、都内の一流百貨店の外商(地方都市では死語です)から買うのと、郊外型の大型ショッピングモールのスーパーで買うのとでは価格が違うのと同じです。

自宅まで販売員が見本を持参して注文を取り、自宅まで届けてくれる人件費を考えれば割安だと思います。

かなり古いブログなんですが、ある方のブログの魚拓をご紹介します。

百貨店の外商部 大都市部にはお金持ちもいますからまだ残っているんでしょうか? 地方都市は百貨店自体が消滅しました 私の地域ではイオンが圧倒的に競争力があるのですがここはスーパーです 少し古いブログですがその実態を内部から書かれたブログを見つけましたので魚拓を取らせて頂きました(ブログは性格上いつ消えるか分からないのでやむを得ずこうしています)

まだウェブ上に残っているんで、リンクを貼っても良いんですが、古いブログなんでいつのまにか消えてしまうことがあるんです。

私の過去ログでも、素晴らしいブログに貼ったリンクがいくつも消えてしまいました。

上記ブログは平成5年頃の内容だと思います。(ブログにも何年のことか書かれていません、今から20年少し前の事です)

一部引用します。

高品質なサービスを維持するのは大変だ。

しかし百貨店ではこの「サービスクオリティ」こそが、お客さまの求める最大の要素なのだ。

もしもコンビニ並みの接客レベルなら、誰一人として“定価販売Wの百貨店で買い物などしないだろう。

 

具体的に一番分かり易い、納骨に業者を依頼する場合で説明します。

葬儀社に依頼するのが一番割高です。(これはしつこいようですが当たり前ですよ。あなたはそのサービスを購入するんですから)

 

お墓を建てて数年内ならば、その石屋さんに依頼するのが一番割安です。

戒名の字彫は有料ですが、納骨はたいていサービスでやってくれます。(大手石材店はほぼ有料です)

戒名の字彫料もほとんど原価でやってくれるので、葬儀社に依頼する数分の一の支払いで済みます。

 

高庵寺の檀家様に新しくオープンする仏壇屋さんの紹介です平成26年12月27日更新

実はこの仏壇屋さんは、高庵寺の出入り石材店の一社がオープンしました。

ある檀家様が納骨から仏壇までこの石材店に依頼しました。

お墓を寿陵(生前墓)で建立して二年程度だったんで、トータルの支払額は驚愕の安さでした。

〇十万円くらい安くなっています。(仏壇もけっこう良い物を買ったせいもありますが)

 

ただし、この檀家様は分からないでしょうねえ。

ご逝去の数日前に相談にお見えになったので、最適(檀家様のご住所や、会葬者の多い地域、その他諸々の要素を考慮して推薦業者の中から選びます)の葬儀社の紹介から、葬儀の方法までアドバイスしました。

プライバシーの問題があるので、詳細は書けませんが、トータルで少なくとも100万円以上は安くなっています。

 

この例が、最初に書いた例外です。

サービスも良く安くなる場合です。

ただし、その家で初めての葬儀ですので、支払った金額がいかに激安であるかは分からないと思います。

喪主を何回かされれば、比較ができるので分かりますが、普通は一生に一回くらいですからね。

 

毎回書いていますが、葬儀関連の業界ほど情報の非対称性の大きい業界はありませんので、消費者は業者の良し悪しは普通分からないんです。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから