墓石の日本加工 中国加工 それぞれ良さがあります平成27年6月12日更新

 

おなじみ東京本郷「石の坊」今井社長のブログからです。(すいません、直リンが難しいのでリンクを貼るのを止めます)

 

墓石の加工の国による違いについて

投稿日時: 2015年6月4日   

墓石の加工についてですが、大きくわけて3つの国にわかれます。日本、中国、インドになります。その国々の加工の特徴について今回は書いてみようと思います。日本、言わずと知れた「メイドインジャパン」です。簡単なデザインのお墓なら実は意外に安く「目が飛び出る程高額」ではありません。中間業者が「思いっきり利益を乗せているだけ」です。但し一般的に言う「高級型」になると高額になります。「うちは標準型でよい、だから日本加工で」そう考えるなら実は余り、高額になりません。 中国、オールマイティーに高級なデザインでもオリジナルなデザインでも何でもこなします。日本における、オリジナル墓石や手の込んだお墓の殆どは中国加工です。デザインに拘る方や高級なデザインに拘る方にはお勧めです。 インド加工、実は3つの国の加工の中で一番お勧めしないのがインド加工です。最近、インド加工に拘り中国加工は良くないという石屋さんもありますがこれは大間違いです。 未だにインドでは文字彫刻が出来ません。その為、インドで加工した石は、日本の工場に持ち込み「字彫り」をします。その為、本来は中国加工より安いのにインド加工の方が高額になるのです。しかも、破損があったら遠いため交換に沢山の日時がかかります。そう考えるなら、シンプルなデザインなら「日本加工」凝ったデザインなら「中国加工」という考えが良いような気がします。

 

もう一つ引用します。

 

墓石の国内加工にがっかりした事。

投稿日時: 2015年5月21日 

ここ半年の事ですが、ちょっと割高でも国産墓石の国内加工を希望するお客様が増えてまいりました。当社としても、対応するべく動きまして、茨城県の真壁町を中心に何件かお話ししました。、、その結果、標準型であればというお話しで3件程提携したのですが、、、早速、受注した所、、昨日になって機械の調子が悪くなり加工が出来ないと言うのです。詳しく話しを聞いた所「久しぶりに機械を動かしたら、途中で壊れた」との事。仕方なく、その石を他社に運び込み加工してくれるという事で事なきを得ました。ですが、、、この機械が壊れたという石材店でも真壁近辺では老舗と言って構わないレベルの石材店です。実際に聞いてみると自分の工場での加工は少なく、中国加工の石を販売していて「久々に動かしたら壊れた」との事。国内加工の国産墓石を安く販売する計画を建てていた所なので残念です。ちなみに墓石だけ(字彫りと据付はちゃんと含みます)ですが国内加工の真壁石、稲田石を60万円代〜8寸角を売り出します。ご興味のある方はご連絡下さいませ。

 

足利市の自営業の石屋さんで住職の世代はみな同じです。

20年ちょっと前は、自社の工場で墓石の研磨をしていました

今は中国加工の墓石を問屋から買っています。

20年以上、加工機械を動かしたこと無いはずです。

 

日本の自営業の石屋さんでもご自分で一部の石を研磨される石屋さんもいます。(G623のような安い石では絶対にしませんよ)

私の過去ログです。

お墓の建立 一生に一度有るか無いかです 少し頑張ってインドの石で建てませんか平成24年3月9日更新

 

庵治石の特級のような超高級墓石については、日本加工がメインです。(とんでもない価格です)

同じく過去ログです。

墓石本磨き 最終工程 艶出し研磨について平成24年4月20日更新

 

ただし、基本的に日本加工は平面の研磨になります。

 

理由の一つに職人の高齢化があります。

日本加工の過去ログでご紹介した「おおきた石材」様、掛け値なしの名人なんですが…。

文字彫刻。。。疲れた。。。目が20150528

画像を引用しようと思いましたが、止めときます。

 

ちなみに、ご本人格好いいです。

京都へ。20150606

こちらは画像を引用します。

http://stat.ameba.jp/user_images/20150606/13/ohkita-sekizai/cb/ae/j/t02200394_0800143313328996379.jpg

失礼ですが、老眼が始まっているはずです。

平面の研磨ならば、経験がものを言います。

細かい作業になると…。

 

中国の職人さんの驚異的な技術力をお見せします。

「輸入代行ジャパン株式会社」小川正則社長のHPからです。

この方とも直接お話をさせて頂いたことがあります、凄い人ですよ。

ただし、消費者の皆様にはあまりご縁がありません。

影彫りという技術です。

画像をお借りします。(小川社長の自画像の陰彫りです)

http://www.koguchisekizai.com/img/kagebori001.jpg

ご本人はずっとかっこ良いですよ。(うーん、フォローになっているでしょうか?)

良い石に彫った仏像など本当にほれぼれとします。(残念ながらこちらは公開できません)

職人さんは若い人ばかりだそうです。

年齢が上がると、目がついていかないので絶対に無理ですと教えて頂きました。

確かに老眼じゃあ絶対に無理ですわ。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから