寺から新盆(初盆)合同施餓鬼の案内が届いた平成30年6月12日更新

 

高庵寺の檀家様は、お施餓鬼は盆に行うものだと思っています。

なぜなら高庵寺のお施餓鬼は送り盆の日に行うからです。

 

住職、お施餓鬼ってなに?

( ̄∇ ̄;)、分からない方も多いですねえ。

動画を貼り付けておきます。

 

これが曹洞宗のお施餓鬼です。

 

ちなみに高庵寺のお施餓鬼は曹洞宗では変わっています。

祈祷太鼓を使ったお施餓鬼です。

足利では高庵寺だけです。

 

高庵寺住職は機械に弱いんで動画を撮れません。

代わりに、長崎県の曹洞宗寺院の動画を貼り付けておきます。

 

長崎県北部ではこちらが多いらしいです。

上の動画の一般的な施餓鬼より、迫力があるでしょう。

高庵寺檀家様は大喜びです(*'-'*)

 

高庵寺のお施餓鬼も含め、近隣の曹洞宗のお寺はほぼ盆中に行います。

檀家様からすると助かるんです(_?)

 

お施餓鬼を盆以外のときに行うと、お施餓鬼にお寺に来なければなりません。

もちろんお盆にも来ることになります。

盆中になれば両方兼ねられますからね(^_^)

 

ところがその結果大問題が起こります。

両動画とも大勢の僧侶が写ってますね。

お手伝いの僧侶です。

 

忙しい盆中です。

ギャラでは来てもらえません。

高庵寺住職が相手のお寺のお施餓鬼に随喜(お手伝いです)する代わりに来てもらえるんです。

 

(^^)問題点が分かりました?

高庵寺も含めて、近隣の曹洞宗のお寺の住職は、盆中お施餓鬼だらけになっちゃうんです(ー。ー)

そのため棚経ができません。

 

住職、棚経ってなに?

うーん困りましたねえ(^^

これも説明しても分かりにくいんで、動画を貼り付けておきます。

 

このように、住職が檀家様のご自宅に伺い、お盆の供養をするんです。

地方では未だにけっこう行われていますが、都市部ではほぼ聞かないですねえ╮(_)

昔は日本全国、どこでも当たり前だったんですが…

 

住職、じゃあ新盆(初盆)合同施餓鬼って普通のお施餓鬼とどこが違うの?

 

新盆の棚経の代わりです。

大規模なご寺院では、施餓鬼法要で特別にご供養ができません。(時間が長くなります)

そのため、新盆(初盆)の方だけ別の日に特別に施餓鬼法要を行います。

 

高庵寺の施餓鬼棚(迎え盆の準備が終わったところです)です。

の位牌が「檀信徒総位牌」です。

高庵寺で供養している全ての御霊の位牌です。

 

手前の白木の位牌が「新盆(初盆)」の方の位牌です。

施餓鬼法要で、特別に個別に祀り、特別にご供養をします。

その新盆(初盆)だけの方のための特別施餓鬼法要です。

 

実は高庵寺でも新盆の方だけは棚経をやってました。

じゃあなぜ今はやってないの?

うーん、深い事情があるんですρ(´-_-`●)

 

昔は檀家様も少なく、新盆の方も数名だったんです。

今は数も多くなったし、もっと深刻な事情があります。

施餓鬼法要を豪華にするため、随喜(お手伝いです)の僧侶を増やしたんです。

 

施餓鬼は導師も含め、3人いればなんとか可能です。

つまり随喜(お手伝いです)の僧侶2人が最低人数なんです。

これならば、自分のお寺も含め3回の施餓鬼法要ですから、新盆の棚経くらいはできたんです。

今は無理ですなあ(;´ρ`)

 

高庵寺は施餓鬼法要で、新盆の方だけ特別供養をしていますが…

もっと檀家様の多いご寺院ではそれもできません。

それで盆以外(たいていは盆前)に新盆(初盆)合同施餓鬼を行うんです。

 

住職分かったよ。

じゃあお布施や盆供はどうするの?

 

誤解されている方が多いですね。

お布施を包むのは施主だけです。

年回忌法要でも寺への布施は施主だけです、それ以外の方がされるのは施主への礼を失します。

施主以外の参列者は法要に参加するだけで良いんです。

 

施主にご仏前を包むの?

盆供を包まれるのが一般的です。

ただし、盆供は1回だけです。

 

盆中に施主宅へ伺う場合は、法要当日は必要ありません。

施主宅へ伺う日にお持ちください。

 

その日にご自宅に伺う場合は、精霊棚(盆棚)に盆供をお供えします。

お寺でお渡しするのは失礼です、盆供は仏前にお供えするものです。

遠方等でご自宅へ伺えない場合に限り、失礼をお詫びして施主へお渡しします。

 

本来はご自宅で僧侶をお迎えし、ご自宅で新盆(初盆)施餓鬼法要の棚経をしてもらっていたんですから。

その代りです。

本来のあり方をご存じならば間違えないんですが。

時代が変わってなんでも略式になってしまったんで、分からなくなっているんです。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから