彼岸花(曼珠沙華)が墓参の方の目を楽しませていました 高庵寺には赤と白の2種類があります平成27年9月24日

 

彼岸花の品種、実は100種類を越えるそうです。

住職が知っているのは、赤と白の2種類ですが、赤にも何種類もあるそうです。

この他にもピンクや黄色もあるそうです。

実は高庵寺もピンクがあります。

残念なんですが、お盆が終わった頃咲くんで、彼岸には終わっているんです。

彼岸に咲く中に黄色があるそうなんで欲しいんですが…。

 

高庵寺の彼岸花です。

今年は天候不順だったんで心配だったんですが。

画像はH27.9.19撮影です。(本日は既に花が終わりかけていて、美しさはありません、ほぼ曇り空ですしね)

久しぶりの快晴だったんですが秋晴れではありませんでした。

湿度が高いんです、抜けるような青空ではありません。

我が栃木県は9月10日・11日の大水害の被災県ですからね。

足利市はほとんど被害が無かったんですが、単なる偶然です。

雨雲の通り道が10数km西へずれていたら、確実に被害が出たでしょう。

 

今年の秋彼岸の最大の特徴は、彼岸の入りの前日の9月19日(土)の墓参が多かったことです。

シルバーウィークの初日なんで出かける人が多いんでしょうね。

 

それから、墓参の集中する日が目立たなかったことです。

例年だと、一番多いのが中日(秋分の日)、それに次ぐのが唯一の日曜日、実質2日間なんですが…。

今年は中日の墓参者数が明らかに9月19日(土)より少ないんです。

昨日でシルバーウィークが終わりました、最終日の「走り口」は天気予報が雨です。

実質昨日で終了です。

秋彼岸=シルバーウィーク状態です。

来年は連休になりませんので、平年の状況に戻るでしょう。

 

因みに彼岸がなぜ7日間なのかご存知ですか?

過去ログです。

お盆は最低2回は墓参しますが彼岸は1回です 理由をご存知ですか平成27年3月19日更新

 

正解は、「色々な俗説があるが、習俗なので正解は無い」です。

慣習です、習俗です、学問的な正解は無いんです。

 

一応、一番よく言われている俗説はこれです。

お彼岸の「彼岸」は、「到彼岸(とうひがん)」という言葉に由来します。「到彼岸」とは、サンスクリット語の「パーラミター」(漢字で「波羅蜜多」)を訳したもの

出典お彼岸・彼岸供養・彼岸会|お彼岸にはお墓参りへ

ここまではほぼ確実です。

 

煩悩と迷いの世界である「此岸」から悟りの世界「彼岸」へ到達するために、「六波羅蜜」の修行を行ないます。彼岸はその修行をするための期間でもあります。

出典お彼岸って何ですか?|仏事の知識と心得|仏事ここが知りたい|曹洞宗近畿管区教化センター

我が曹洞宗の見解ですが…、ここまで言い切って良いのかな?

 

この間、六波羅蜜(布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧)の6つの修行を1日毎に行い、これを完結した人が7日目に理想の世界、つまり川の向こう岸にある仏様の世界に行くことができる

出典彼岸と此岸

知恵袋なんかでは、これの引用が大部分ですね。

確かにもっともらしいですが…。

 

私の個人的な見解は「暑さ寒さも彼岸まで」、つまり気候が良いからです。

7日間と長いのは、天気の変化が大きい季節なんで、墓参に最適な日は半分程度です。

彼岸の時期は全国同一で期日がずれたのは平成24年だけでした平成27年9月20日

ただし、高庵寺の歴住墓地は古墳の上にあるんで、蚊に刺されまくりです。

 

image012

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。

 

平成26年3月31日を以て全ての整備工事が竣工いたしました。

今後数十年間に亘り、寄付の要請は一切ありません。

日本唯一のユニバーサルデザインの寺、安心してお墓をお求めください。

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから