高庵寺通信第25号平成23年3月14日発行(不定期刊)

 

平成23年3月11日(金)大地震について

初めに、大地震にて、大変なご被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方々に、心より哀悼の意を表します。

さて、11日の地震で、高庵寺墓地も被害がでました。
本来ならば、当日ご連絡申し上げるところですが、11日から、翌朝の6時まで停電のため、電話連絡も不可能でした。
特に被害の大きな墓地所有者には、翌12日から電話連絡いたしましたが、不通の方、電話番号が高庵寺に未登録の方も一部ございます。
全く無傷な墓地も多数ございますが、明らかに手抜き工事が原因と思われる倒壊も見られます。

また、外観上は無傷に近くとも、コーキングが完全に剥離しており、次回には(無いことを願いますが)、危険な墓地も多数ございます。
詳しくは、ホームページにてご案内しておりますが、至急点検をお願いいたします。遠方の方は、彼岸等でおいでの際、点検をお願いいたします。

幸い、高庵寺では墓石の倒壊は実質ありませんでした。極めて古い、地面に置いただけの、小さな墓石がいくつか倒れただけです。(起こせば修理完了です)

隣接ご寺院様では、墓石の倒壊が続出しておりました。詳細は、ホームページをご覧ください。「高庵寺」で検索いたしますと、最上位にヒットいたします。

高庵寺だけではなく、隣接ご寺院様の状況を拝見しても、石材加工用の耐震ボンドできちんと接着した墓石は、びくともしておりません。

説明: image005

20年以上前の墓石でも、施工のしっかりしたお墓は、完全な無傷です。施工業者により、被害状況に大差が出ております。
詳しくは、住職までお尋ねください。

 

説明: b_ani010

 

検索でこられた方は、こちらをクリックしてください。トップページに戻ります。