寺報 高庵寺通信第30号です 平成25年8月1日発行です平成25年8月10日更新

 

今朝も、朝の4時半起きです。

歳のせいか、昼寝を取らないと体が持ちません。

もっとも熱帯夜のせいもありますが。

ところで、熱帯夜の定義は夜間の最低気温25℃以上でしたね。

では、これはなんというのでしょう?

朝起きて、家中の窓を開け、換気をして、朝課(大略です)を勤めた後の気温です。

前置きはこれくらいにして、寺報をご紹介します。

 

盂蘭盆会大施食会のご案内

恒例の大施食会を、本年も8月16日(金)午前11時〜開催いたします。

卒塔婆のお持ち帰りは、法要にて開眼の後、法要終了後(1140分頃)以降となります。
なお、安全上午後6時をもちまして施錠いたしますのでご協力ください。
また、施食会当日の駐車についてのお願いですが、午前10時〜午後1時頃は、高庵寺南側駐車場(5台分)は随喜寺院専用になりますので、一般檀信徒の皆様は駐車できません随喜人専用駐車場の張り紙がしてある駐車スペースには、絶対に駐車しないでください。

高庵寺北側の駐車場3箇所、東側駐車場(新規)、および南西の駐車場1箇所をご利用ください。

また、高庵寺北側県道と高庵寺南側市道が、駐車場内で、連絡通路で直結しました。東側駐車場(新規)も連絡通路沿いにあります。

昨年までよりも、駐車可能台数は倍増しています。

テキスト ボックス: 北側駐車場テキスト ボックス: 南西駐車場テキスト ボックス: 北側駐車場テキスト ボックス: 寺院専用駐車場テキスト ボックス: 東側駐車場

勧募状況について

全ての工事竣工後に、記念碑を作成し、芳名者一覧の刻字を予定しています。

今年(平成25年)3月31日を以て、勧募期間は終了したのですが、その後もボチボチと勧募があります。

この寺報を書いている時点で、一番新しい方は7月17日でした。

役員会でも了承をいただいたのですが、会計の締めは平成25年8月31日まで延期いたします。

記念碑の発注を年内にする必要があります。

消費税の問題もそうなんですが、中国加工のため、あなたのお墓の工事も含め、年内発注と年明けの発注では価格が大きく上がってしまいます。

中国では春節(お正月です)のため、毎年1月中旬から2月いっぱいくらい工場が止まってしまいます、

来年(2014年)の春節は、1月31日です。

今年は2月10日ですから、年明けの発注ではお墓を建てられるのは2月下旬になってしまいます。

中国は毎年その時期に10%程度値上げをしますので、大幅アップになってしまうのです。

今年は、アベノミクスによる円安もあって、値上げ幅が一段と大きくなってました。(ドル建て決済のためです)

お墓の建立、改修をお考えの方は参考にされてください。

 

諸経費の納入について

納入方法は、別紙通知の通りです。事前にお持ちいただく場合は、不在の場合もありますので、できるだけ、お電話をお願いします。

ご協力いただける方は、できるだけ振込にての納入をお願いいたします。

ご注意いただきたいのは、今年から持参される場合の納入場所が変わりました。

当日の場合も含め、全て新庫院事務所にて受付いたします。

北側裏口(勝手口)もありますが、そちらでは会計処理ができませんので対応できません。

必ず新庫院南側、事務室へお願いいたします。

入り口を含め完全バリアフリー構造になっていて、玄関から業務用のエアコンが入っていますので、快適です。

また、事務室の入り口付近も含め、土間となっていますので、土足のまま対応可能です。

ただし、施餓鬼棚は例年通り本堂になります。

こちらの方は靴を脱いでいただきますので、ご協力をお願いいたします。

ここが入り口です

 

テキスト ボックス: ここで受付いたします

実際においでになれば、すぐに分かります。(床の色が異なります)

 

手桶について

個人のお名前の手桶を手桶置き場に置かれる方が多く、困っております。

どなたのお名前が書かれた手桶でもご自由にお使いいただけますし、使っていただくことにより、功徳を積まれることになります。

このままでも良いというお考えもあるでしょうが、心理的に抵抗感のある方もおりますので、今年いっぱいで、ご自分での保管をお願いします。

お寺で、統一した手桶に来年は変更いたします。

手桶置き場にある、個人名の書かれた手桶は年末に処分いたしますので、それまでに必ず持ち帰るか、ご自分の墓地に保管されてください。

 

お施餓鬼の法要について

8月16日(金)午前11時からの法要となります。

現在、長男と次男が、静岡県の可睡斎専門僧堂に安居中ですが、お施餓鬼の日には、戻していただけることになりました。

長男は1年弱、次男は半年の安居ですが、見違えるほど成長しております。

檀家の皆様もぜひその成長ぶりをご覧になってください。

 

葬儀について

高庵寺新法要堂は、家族葬にも対応しています。親族20名、一般30名以内の葬儀には最適の施設設備です。葬儀社はお願いしていただきます。何社かの高庵寺専用プランのパンフレットもご用意してありますので、ご希望の方は事務室にてお申し出ください。

 

説明: 説明: 説明: 説明: b_ani010

 

お葬式・ご法事・改葬(お墓のお引越し)・お墓の建立

お困りの方、なんでもご相談に応じます
メールでのお問い合わせはこちらから